妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テイルズオブシンフォニア 大おもらし小説 プレセア
小説は追記に

テイルズオブファンタジア、お漏らし小説、ミント アーチェ
小説は続きに
テイルズオブジアビス、おもらし小説 アニスの監禁おもらし
小説は追記に



テイルズオブシンフォニア、おむつ小説、リフィルのおむつ作戦
続きは追記

テイルズオブシンフォニア、お漏らし小説、リフィルのある決断
「(はぁ…… 本当にこの年でお漏らしするとは思わなかったわ……)」

 リフィル・セイジはコレット・ブルーネルと自分のしてしまったお漏らしの後始末を終えて
 部屋のベッドの上でしてしまったお漏らしについて考えていたのだった。

 コレットはお漏らししたことは忘れて遊びに行くようにと言いもう部屋には居なかったのだった

「まだまだ旅は続けないと行けないし、トイレが近くなるのはどうにかしないと…」

 リフィルは着替えたばかりの服の股の部分をすこしだけ触りながらそう考えていたら

 ドンドンと急にドアを叩く音が聞こえてきたのだった。

「姉さんか誰か居ないの? 早く開けて」

 その声はジーニアスとリフィルはすぐにわかったのだった。
 なにをそんなに急いでいるかと思いながらリフィルはゆっくりと歩き出し
 ドアスコープからその姿を覗くことにしたのだった

「うぅ… 早く開けてよ…」

 そこにはジーニアスが前を抑えながら必死にドアを叩いたりしていたのだった
 リフィル自身も最近体験したことであり
 トイレを我慢をしているということはすぐにわかったのだった

「(ジーニアスもトイレをそんなに我慢して… 私はお漏らししてしまったけど
  ジーニアスはここまでできたのね…)」

 自分は我慢できずにお漏らししてしまったことを思い出し
 恥ずかしくなってしまっていたところにまたドアを叩く音が聞こえて来たのだった

 そこでまたリフィルはドアスコープを覗きジーニアスを見ることにしたのだった

「あっ… ダメ… 漏れる…」

 小刻みに震えながらドアの前というのも忘れて前を押さえている
 ジーニアスをリフィルは見続けていたがこれ以上は可哀想と思い
 すぐにドアの鍵を開けてあげたのだった

 するとそれに気づいたジーニアスはすぐにリフィルに喋りかけることもなく
 トイレに向かっていったのだった。

「本当に漏れそうだったのね…」

 リフィルはその様子を黙ってみていたのだった
 しばらくするとトイレから水の流れる音がしてお漏らしはなんとか回避されていたのだった

 でもリフィルは外の様子を見ていたのですぐに近づき

「ジーニアス、ズボンをちょっと見せなさい」

「なっ… なんで見せないといけないのさ!」

 ジーニアスは明らかに動揺していたがリフィルはお構いなしに
 その場にしゃがみズボンを触り始めたのだった

「やだっ…」

「やっぱりおもらしをしちゃってるわね、ズボンまで濡れてるわ」

「おっ、おもらしじゃないよ、すっ、すこしその…」

「その、じゃないわ、今すぐ着替えなさい」

 リフィルはそう言うとまずはズボンを下ろして下着姿にしたのだった。
そこには黄色い円が描かれたジーニアスの下着が晒され、すぐに隠す動作をしたが
リフィルはその動作には目もくれずに新しい下着を取りに行ったのだった

「そのままでいるつもりだった? 赤ちゃんじゃないんだから着替えくらい自分で言い出しなさい」

「ぐすんっ…」

 姉とはいえチビってしまった、下着を見られるのはジーニアスにとって屈辱的だった

「(赤ちゃんか… 最後の手段として試してみるしかないわね…)」

 手際よくジーニアスを着替させながらリフィルはあることを考えていたのだった。
ジーニアスの着替えも終わりジーニアスはまた部屋から出て行き
遊ぶように言ったのだった

 そしてリフィルはある物を買いに行くことにしたのだった

「(ここなら売ってるはず…)」

 そう思いながら道具屋に来たリフィルはある物買いすぐに部屋に戻り
鍵をかけて買ってきたものを取り出したのだった。

「このサイズのテープタイプなら問題なさそうね…」

 リフィルは取り出した物を見つめながらそう言った、そして手には大人と子供の中間のサイズの紙おむつがあったのだった
自身だけが使うのではなくある考えからコレットにも付けようとしていた。

 まずは自分が付けてどのくらい吸収してくれるか試すことにした。
サイズに余裕を持たせるために買ったテープタイプのせいで
付けるのにすこし手間取ってしまったがなんとかちゃんと付けることができ
ズボンだけを脱ぎオムツ姿で鏡の前に立ってその姿を眺めたのだった。

「さすがに恥ずかしいわね…」

 着ている服の隙間から見える紙おむつを見て恥ずかしさを感じながらも
おしりの部分を見たりと紙おむつのつけ方に問題がないか調べたのだった。

 そしてリフィルは紙おむつを自分が使っても漏れ出さないか試すために
ズボンを履いて水を飲んだりして尿意をきつくすることを考えた
大量の水やお茶を飲み大人のリフィルであろうともすぐにトイレに行きたくなってきたのだった

「まだ結構飲み物が余ってしまったわね… 残すわけにも行かないか…」

 リフィルはまだ半分以上残ったお茶を目の前にしすこし考えながらも無理をして残りの全てを飲み干すことにしたのだった

 そして時間が過ぎ

 リフィルの尿意も限界に近づいてきた、想定よりも多く飲んでいたので
お腹も痛くなってきてしまっていたのだった。
これ以上の我慢もきついのでおむつの中に出してしまおうと思ったのだったが

「うっ…」

チョロ

チョロチョロ

「駄目だわ… やっぱり部屋の中でするのは…」

 リフィルは部屋の中でおむつにおしっこをするということに無意識のうちに抵抗してしまい
ほんの少しだけ紙おむつを濡らすことしか出来なかったのだった。
だが尿意はすこし出しただけで楽になるわけもなく紙おむつが濡れた違和感だけが残るだけだった。

 リフィルがそんなことをしている間にドアからガチャガチャという音がしてきたのだった

「姉さん、いるんでしょ 早く鍵開けて」

 その声はすぐにジーニアスとわかり、リフィルはもう帰ってきたのかと焦ってしまってしまい
すぐに開けると返事をしてしまったのだった
急いで残りの紙おむつを片付けてすぐにジーニアスは同じ部屋で休憩を始めたのだった。

「(どうしよう… こんな状態はバレるわけにはいかないわ…)」

 紙おむつをしながらトイレに行きたいなんて知られることは当然できなかった

「(でもこの姿のまま外に出るのも…)」

 部屋の外に出るというのも何があるかわからない状態なので
もちろんリフィルが選べるわけもなくまた我慢をした状態でいるしかなかった

 いくら部屋で出したくないとはいえ限界は訪れる。
リフィルもその時間は近づいていたのだった

「(とにかく同じ部屋でしちゃ駄目だわ… 違う部屋に行かないと)」

 リフィルはそう思いながらお腹を抑えながらジーニアスに気付かれないようにして洗面所へと移動していったのだった
だがその移動が致命的になってしまったのであった。

チョロ

「あっ!」

チョロチョロ

「(駄目っ…)」

 リフィルは最初にチビってしまった時に声を出してしまったが
すぐにジーニアスがいることを思い出しこれ以上声を出さないようにしていたが
我慢の限界はとうに来ておりそのまま壁にもたれかかるような格好なり

「だめっ…」

じゅわぁ~~~~~

 リフィルは我慢に限界が来てしまい紙おむつを濡らし始めたのだった

「(いやっ…)」
 
 リフィルは聞きたくもなかった恥ずかしい水の流れる音が聞こえてきたのだった
音と共に濡れる紙おむつ、嫌な感じの温かさ、いくらお漏らしをしても大丈夫ということでも
この感じは絶対に慣れないだろうとリフィルは思ったのだった

 我慢して多分長い間お漏らしをしていたがジーニアスは離れた場所にいるため聞こえなかったのがせめてもの救いだった

「はぁ… はぁ… 全部出ちゃった…」

 リフィルはそう小さな声で呟いたあとすぐに片付ける準備を始めたのだった
ジーニアスが部屋にいるのでそこに気をつけながら
お風呂場に膨れた紙おむつのまま移動したのだった

 その間の温かい紙おむつの嫌な感じはもちろんあったのだった

「ここならバレることはないわね…」

 お風呂場に着き、紙おむつ用の袋を持ちながら一旦そのままの服の姿で入ったのだった
そしてすぐに紙おむつ以外の服を全て脱ぎ始めた

「こんなに膨らんで…」

 リフィルは風呂場にある鏡で自分のオムツ姿を見ていたのだった
おむつは大きく膨らみ黄色がかっておりその部分を見て恥ずかしくなってしまったが
まずはおむつを脱ぐことから始めることにしたのだった

 ベリベリとテープタイプならではの音が聞こえてきて
さらに顔が赤くなっていたがすぐに取り外し、できるだけオムツの中は見ないで
そのまま丸めて風呂場に持ち込んだ袋にそれをいれたのだった

 そしてその後はジーニアスに隠れて紙おむつを捨て、何食わぬ顔で
部屋に戻り、そのまま部屋で過ごしていた

「(紙おむつがここまで吸収してくれるなんて、これなら十分に使えるわ…)」

 リフィルはそんなことを考えながら、もう一つのあることを考えていたのだった

続く
テイルズオブシンフォニア おもらし小説、生徒と教師の我慢
ここは辺り一面草原のフィールドでコレット一行は次の町に移動をしている最中だった
敵がいつ現れるかもわからないので警戒をしながらも
コレットたちはいつものように楽しくしゃべりながらの
移動をしていたのだったが一人だけ様子が違った


「(これならさっきの町でトイレに行っておけば良かった・・)」


その一人とはロイドたちの通っている学校の先生のリフィルだった
歩いて移動中ながら何度か足を閉じるような動作をしたりして
トイレを我慢している様子だった


トイレに行きたい、と一言言えば済む話だが
ここは草原が目の前に広がっておりとてもトイレをする場所はなく
言ったところで我慢をするしかないことと
やはり生徒の前にしてトイレに行きたいというのが恥ずかしかったのだった


「(町まで持つかしら・・・)」


リフィルは次の町まで我慢ができるかを考えながらも
とにかく次の町へ歩き続けるしかなかったのだった


それから歩いても歩いても町には程遠く
そして草原はいつまでも続いていたのだった


移動はまだまだ続いていたのだがリフィルの尿意は
収まることはなくどんどんきつくなっていった


「(なんでこんなに町が遠いのよ! 早くしないと・・・)」


リフィルは早くトイレに行かないとお漏らしをしてしまうと
焦り始めてしまっていたのだった

そのイライラは表情にも出たりしてコレットたちに
気づかれたりもして我慢をしていることを
悟られないようにしたりと歩いていた

トイレを我慢していることは気づかれずにいたのだが
それでトイレに行くことなど到底できないので
見つからないように前を押さえたりモジモジしていた

それでも尿意は止まることはなかったが何もしないよりはマシだった

おもらしをするまいという執念?がなんとか町の近くの場所まで
リフィルは我慢することができたのだった

だがそれもちょっとしたことで崩れ始めるのだった

リフィルが我慢にだけ集中しているときに突然

「先生、あの!」

「!?」

じゅわ

コレットの突然の問い掛けだけでも驚きリフィルはすこしだけ
自分の下着を汚してしまったのだった

リフィルは後ろに振り返る前に前を少しだけ押さえて我慢して
その後ゆっくりと振り返ったのだった

「どっ… どうしたのコレット」

「あのっ、そのっ、トッ…」

自分と同じような仕草なのでリフィルはすぐにトイレを我慢していると気づいたのだった。
コレットが言いにくそうにしていたのでリフィルから切り出した


「コレット、あとすこしで町だからもうすこし我慢できない?」


「えっ…、あの、そのトイレに行きたいとか…」


「大丈夫、わかっているから、それでもここでするわけには行かないでしょう」


リフィル自身もトイレには行きたかったがすぐ近くにする場所はなく
すこし離れた場所にまで歩くぐらいなら町に行った方が早いとコレットをなんとか説得したのだった。

なんとか我慢しながら街中へと着きトイレを探すことにしたのだった。

男達は適当にごまかして街の中で遊んでおくようにリフィルは言い
とにかくコレットを連れて街中を歩きトイレを探し始めたのだった。

「あの… 先生… 早くトイレに…」

「わかってるわ、だから今探してるんでしょ」

「はっ! はい…」

 じゅわ

「(どうしよ… またすこし出ちゃった…)」

コレットは我慢の限界が近づいており少しずつではあるが
おもらしを始めてしまっていたのだった。

さらにリフィルも我慢をしていてコレットのトイレの催促に怒った時の声で
さらに白い下着を濡らしてしまっていたのだった

「(このままだと道端でおもらししちゃうよ… お願いだから早くトイレを見つけて…)」

コレットの心の叫びはもちろんリフィルには聞こえるわけもなく
当のリフィルはトイレの場所をとにかく探していたのだった



「(トイレ… トイレ… この街のトイレの場所はどこだったかしら…)」

いつもは冷静なリフィルもさすがにこの状況では冷静な判断がすぐにはできずに
ただ周りを見渡してトイレを探していたのだった

そしてしばらくしてからやっとリフィルは宿にならトイレがあると気づき
すぐに宿をとって部屋でトイレをしようと考えたのだった

「コレット、宿のトイレに行くことにしょうましょう、それまで我慢できるわね」

「はッ…、はい、なんとか我慢します」

そのことはコレットにも言いとにかく宿屋へ向かうことにしたのだった

すぐに宿屋を見つけることはでき、急いで宿主に部屋が空いているか聞いたのだった
その時も二人はカウンターで宿主から見えないように前を抑えたりして我慢をしていたのだった

リフィルは大人なのでたまにしか押さえなかったが
もう下着をかなり汚しているコレットにそんな余裕はなく
濡れた下着も構わずにとにかく押さえながら我慢したのだった


その状態からなんとか部屋をとり、ちゃんとその部屋にトイレがあることを確認してからすぐにその部屋へと向かったのだった

部屋まで来たのだがやはりここでも問題になってしまったのは順番だった
二人とももういつ漏らしても仕方ないほど我慢をしていたので

「コレット、いいから早くトイレを済ませなさい、私はその後でいいわ」

「わっ、わたしはまだ大丈夫ですから、先生から・・・」

どちらも先には行きたいのだがコレットの優しい性格とリフィルの大人としてのプライドが
邪魔をして時間としてはほんの数分ではあったが

今の二人にはその数分だけでも下着を濡らすには十分な時間であった

「いいから、先に入りなさい!」

「はっ、はいっ!」

これ以上二人の譲り合いは二人ともおもらしという結果になってしまうと感じたので
リフィルはすぐにトイレに行くように強めの口調で言ったのだった

その声の時点でまたすこし下着を濡らしてしまっていたのだが
すこしの距離を歩くだけでもさらに漏れ続けていたのだった

「(駄目! 出ないでお願いだから…)」

じゅわ~~~

内股になりながらもじわりじわりと下着のシミは広がり続けタイツにまでそれが及んでいたのだった

なんとかトイレのドアを開けすぐにその中に入り、鍵を掛け脱いでしようと思ったのだったが
その前に今までで一番大きな尿意の波が来てしまったのだった

じゅわわわ~~

「あっ… 駄目…」

その波にコレットは耐え切ることはできなかったのだった
服を脱ぐことすらできずに壁にもたれかかったままお漏らしを始めてしまったのだった

「そんな・・・」

コレットはそう呟き力を完全に抜いて服を着たままお漏らしをしているのだった
壁にもたれかかりながら我慢から開放され気持ち良い感覚のみがコレットを支配していたのだった

リフィルはその異変にすぐに気づきドアをノックしようかと思ってたが

「あっ… 駄目っ…」

コレットを気にかけようとしてもリフィル自身も
ほとんど限界の状況だったのでとにかくトイレを済ませることにしたのだった

だがもちろんトイレにはコレットがいてどうしようもないので
リフィルはすぐにお風呂に行くことを思いつき、そこへ向かったのだった

「あとすこし…」

部屋を汚さないことだけ考えてお風呂に着いたのだった
そこでもう限界が訪れてしまったのだった

じゅわ~~~~~~~~

ズボンも脱ぐ間すらなく立ったままおもらしを始めてしまったのだった
見る見るうちにズボンは濡れていった

「(気持ちいい…)」

我慢から開放されたリフィルはその感覚に快感を感じるほどになっていたのだった
下着を ズボンを濡らしながら座り込む訳でもなく
ただ立ったままおもらしをしており、水たまりはもちろんできるわけもなくただ流れ続け


「いけない… コレットのところへ行かないと…」

リフィルはすべてを出し切った後すぐにコレットの事を思い出し
濡れた服を籠に入れすぐにコレットの元へと急いだ

「(やっぱり…)」

リフィルの予想した通りドアの隙間から水のようなものが出ている状態で
コレットがおもらしをしてしまったというのがすぐにわかったのだった

リフィルはすぐにコレットトイレの外へと呼び出したのだった
コレットの服は大きく濡れており見ただけで誰もがお漏らしをしたとわかるものだった

ごめんなさいとコレットはただ小さな声で言い続け涙を流し続けていたのだった
リフィルはコレットを慰めながらお風呂場へと向かい
二人でお風呂に入る事にしたのだった

もちろんリフィルのおもらしは気づかれることもなく
その日の洗濯物は汚れた二人分の下着が干されていたのでした


終わり
テイルズオブシンフォニア 大おもらし小説、コレット、監禁中の限界
急に人がやってきた敵が現れたのだったが
牢屋にいる状況なので何もすることはできず
牢屋を移動するといわれて、コレットは
黙って、移動することにしたのだった
お漏らししたのはすぐにばれて、新しい下着が渡されたのだった
目隠しをされて、長い間移動することになった
馬車に乗ってる間、敵は食事を与えたのだった
足を縛られていたが、縛られておらず
何とか食べることができたのだった
料理は、簡単に作れるようなものばかりだが
人は、何人かいるので料理は多めにあったのだった
まともな食事もできなかったので
いつもより多く食べてしまったのだった

そして馬車が進んで行ったが
コレットのお腹の調子も悪い方向へ進んでいったのだった
馬車の荷台に、乗せられていたが
馬車の振動が、コレットを襲い
便意を強くしていったのだった
(おなか痛いよ・・・、食べすぎちゃった…
どうしよ・・・、言うのも、あぶなそうだし・・・・)
敵にトイレに行きたいというのも抵抗があり
そのまま我慢していたが
その時間も長くは続けれそうになかった
(ダメ、もう漏れそうだよ…)
振動で漏れそうになりながらも耐えていたが
「すいません!、誰か!おねがいです
トイレに行かせてください!」
便意が、強くて、大きな声を出すと
漏れそうになるので、あまり大きな声は出せなかったが
なんとか、声は出せたが
(そんな・・・、聞こえてないのかな・・・)
一向に返事は無く、ただ時間だけが過ぎて行った


足を縛られいたが、手は縛られていなかったので
手を使いなんとかして
前のほうにいる、人にトイレに行きたいと告げようとして
頑張って移動をしていた
「んしょ・・・、んしょ・・」
ゆっくりだが確実に進んでいってたら
「うっ・・・・」
急に便意が襲ってきたのだった
ほふく前進のような体勢できたので
お尻を抑えることができず
そのままの体勢で、なんとか耐えることにしたのだった
「んっ・・、だめっ・・・」
体をくねらせながら、なんとか我慢していたら
便意が収まったのだった
「はぁ・・はぁ・・」
息遣い荒く、なんとか前の所にまで来たが
「お願いです聞いてください、誰か」
そうすると、一人が出てきたのだった
よかったと思ったら
なにをしている!と、怒鳴られて
体を、持ち上げられて、馬車の後ろへ
突き飛ばされたのだった
尻もちをついた格好になり
敵はすぐに持ち場に戻っていた
コレットは、衝撃が強すぎて
「あっ・・・、だめ・・・」
ミチミチミチミチ
お漏らしを始めてしまったのだった
そのままの格好で動かず
はじまってしまったおもらしを、止めることはできなかった
ミチミチミチ
ムニュムニュムニュムニュ
下着がゆっくりと膨らんでいき
いやな感じが下着の中に広がっていった
(そんな・・・)
どうすることもできず
泣きそうになりながら、おもらしを続けたのだった
そして
すべてを出し終え
馬車はそのまま進み続けていた
(気持ち悪いなぁ・・・、どうしよ)
馬車の振動で下着の中が大変なことになっていたのだが
コレットは恥ずかしくて言えなかったのだったが
その時
馬車は止まり
前から人がやってきたのだった
(そんな・・・どうしよ・・・)


終わり
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。