妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姉の恐怖、5話



(どうしたんだろ…、いきなり出て行って)
突然出て行った姉を疑問に思っていたが
それより、自分の付けているおむつが気になった
「はぁ…なんで、履いてるんだろ…、私・・・・」
自分の履いてるおむつの感触を感じながら思ったのだった
眞子は布団をかぶり、また寝ることにしたのだった
すこし眠りそうになると
「眞子ちゃん、持ってきましたよ~」
眠りそうになっていた眞子は大声にびっくりしたのだった
「なっ、なに?」
眞子は聞いたが目の前には、おらずタンスの前にいたのだった
眞子は何をやってるのかと思い、近づいて行った
すると、萌は、タンスの中から下着をどんどん取り出していたのだった
「ちょ、ちょっと、なにしてるの!、お姉ちゃん」
いきなりの姉の行動に、声を荒げて怒ったのだった
「なにって~、下着を用意してるんです~」
「えっ?」
何を言ってるのかわからなかった
下着を出しているのに、用意しているといわれたので
だが、横にあるものが置いていたので、なんとなくわかったのだった
「それ・・・、まさか・・・」
「そうですよ~、眞子ちゃんのおむつです~」
背中を向けたまま、答えた萌は、おむつを手に取り
それを、タンスに入れ始めた
下着は、多かったが、おむつは、袋がひとつなので
おむつを入れても、隙間だらけだった
「ん~~~~」
萌が何か悩んでいる様子だった
「お姉ちゃんどうかしたの?」
眞子は、無造作に出された下着を片づけながら聞くと
「やっぱりですね~、タンス一杯に、おむつ置きたいですね~」
満面の笑みで、眞子に言ってきたのだった
「なっ・・・、はぁ~、もう何言ってるの、それだけはやめてよね」
溜息をつきながら言ったのであった
萌は、残念です~、と言って、入れ終えたので
紙おむつの入れてあった袋を持って部屋から出て行ったのだった
眞子は萌が出て行ったあとに
タンスを開けて中身を見て、また大きなため息をついた

そして
眞子はとにかく寝ることにしてベットに戻っていったのだった
「ふぅ・・・、これからどうなるのかな・・・・」
ベットの中で、タンスに入ったおむつもことを考えたのだった
いつもおむつでいなければならないのか、とか
もしかして学校も行かなければいけないなど、いろいろ考えていたのだった

終わり

ダ・カーポ、おむつおねしょ小説、姉の恐怖、4話
「はぁ~、最悪・・・、おもらし2回もなんて・・・」
眞子は、買い物が終わり
家に帰って、ベッドの上で、自分のしたとこを
思い出して、恥ずかしかったのだった
おむつまでして・・・、はぁ・・・・)
おちこんでいると、部屋のドアがあき
「眞子ちゃん~、まだ寝てないですよね~」
いきなり萌が入ってきたのだった
「なっ、なにいきなり」
萌は、ベッドに座り目の前にあるものを出してきたのだった
「お、おむつなんか、どうするの・・・」
おむつを見ただけで、今日のことを思い出してしまって
顔が赤くなってしまった
「そんなの、付けるにきまってるじゃないですか~」
(やっぱり・・・)
その答えを、なんとなくは、わかっていた
「じゃあ、付けますね~」
「ちょ、ちょっと!」
萌は眞子を押し倒すようにして
パジャマのズボンを脱がしてきた
(またおむつだなんて・・・)
眞子は、拒否しても無駄なのはわかっているので
なにもしないでいた
下着も脱がされて、下に紙おむつを置いて
今日、体験したのを、また体験したのだった
おむつのテープを付けられて
おねしょしちゃだめですよ~」
恥ずかしいことを言われながらも
我慢しながら、動かなかった
萌は部屋を出ていく途中
「絶対にはずしちゃだめですよ~」
念を押され、出て行ったのだった
「はぁ~」
眞子は深いため息をして、寝ることにしたのだった


深夜になり
「すぅ~~~、んっ・・・」
ブルブルと、体が震えると
しゅ~~~~~
おむつの中から水の流れる音がしてきたのだった
じゅわ~~~~~~
おむつも膨らむほど、出ていたのだった
「んっ・・・、すぅ~~~」
しゅ~~~~~


そして朝になり
目を覚まして、体を起こしたら
すぐに違和感を覚えたのだった
「えっ・・・まさか!」
パジャマに手を入れて確認すると
「そんな・・・」
泣きそうになった、おねしょをしてしまっていたのだった
そのあと萌がやってきて
おむつを替えてもらい
そのあと
「眞子ちゃんには、おむつが必要ですね~」
と言われ、一旦部屋を出て行ったのだった



終わり




ダ・カーポ小説、姉の恐怖、3話
萌に、下着等を洗ってもらっていた
眞子は、ハンカチを貰い
自分で、濡れた体を拭いていた
(おもらししちゃうなんて・・・最悪・・・)
泣きそうになりながらも、体をきれいにした
萌は、下着等を洗い終わったが
「これは、今すぐには、履けませんね~」
濡れた下着を広げながら言った
「ちょ、ちょっと、やめてよ・・・」
お漏らしした下着を広げられて、恥ずかしかった
「どうします~、下着は無いですよ~」
替えの下着はあるはずもなく
眞子は
「お姉ちゃんが、新しい下着を買ってきてくれれば…」
萌は、それを聞いていないのか
何か考えて「そうです~」と、言い
さっきかった、紙おむつを取り出したのだった
「まさか・・・」
「はい・・・早くつけましょう~」
おむつを取り出し、台に座らせた
「ちょ、ちょっと、ここ狭いし、それに、おむつ履くなんて…」
「大丈夫です~」
台におむつを広げ、座らせたのだった
(恥ずかしい、赤ちゃんじゃないのに・・・)
顔を真っ赤にしながら
おむつを付けられていたのだった
すこし大きめな紙おむつを買ったので
難無くつけることができたのだった
「おわりましたよ~」
眞子は台から降りて、おむつ姿を鏡で見た
(はぁ・・・、かっこ悪い・・・
てっ・・・、私スカートなのに)
濡れていないスカートを見て思ったのだった
とにかく履いてみたら
すこし膨らんでいたが
普通では見えないようだったが
下からは、丸見えだった
白いものなので、すぐにはばれないと思って
もういい、と思い
とにかく、早く帰りたかったのだった
「お姉ちゃんもう、帰ろう!」
手を引いて、店を後にしたのだった

そして
二人は電車に乗って帰っていると
眞子は、すこし焦っていた
(どうしよ、トイレに、行きたくなってきた・・・)
お漏らしをしたが
便意が強くなっていたのだった
大きいほうは、していなかったのだった
かなり限界に近く電車の揺れでさえ
きつく感じるほどだった
(んっ・・・、だめ・・・漏れそう・・・・)
次の駅まであとすこしのところだった
(あとちょっとで・・・・)
足を閉じて我慢をしていたが
ガタン!
電車が大きく揺れると
ミチ
(あっ!そんなぁ・・・・)
白い紙おむつがすこし汚れてしまったのだった
むにゅむにゅ
一度で始めたものは止まるわけもなく
出続けたのだった
むにゅにゅにゅにゅ
おむつはどんどん膨らんでいった
駅に着こうとしていたが
まだ止まらず
周りもすこしざわざわし始めた
まこがおもらしをしたとは、気付かれてはまだいないが
次の駅ですぐに降りることにした
むにゅむにゅむにゅむにゅ
とっさにお尻は隠して
膨らんだスカートと、おむつは見えなかった
おむつが落ちるかと思ったが
とにかく早くでたかった
萌を連れて急いで電車を降りた
「まだ、この駅じゃないですよ~」
と言っていたが
気にせず、トイレに向かっていき
個室に行くと、眞子は静かに泣き始めて
お漏らしをしたことを言い
おむつを替えてもらったのだった



終わり
ダ・カーポ、おもらし小説、姉の恐怖、2話
眞子は萌と一緒に朝ごはんを食べ
二人で買い物に行くことになった(眞子はあまり気乗りはしてないが)
「どこにいきますか~」
萌は、楽しそうに話しかけてきたが
眞子は、おむつを買いに行くんでしょと、言い返して
「そうです~」
言われて、深いため息をしたのだった
誰かに見られたりすると、いやなので
遠くに行こうと、言って
近くの店に、行かないようにしたのだった


二人は遠くのデパートに行くことにした
「ここは広いですね~」
「うん、そうだね」
まずは二人で、店の中を回ることにした
いろいろと、回りながら
飲み物を飲んだりしながら、二人で遊んでいたら

(あっ・・・トイレに行きたくなっちゃった・・・)
長い間トイレに行かず、遊んでいたので
尿意が強くなっていたのだった
「お姉ちゃん、トイレに行ってくるね」
と、行こうとしたら
「大変です~、では、早く買いに行きましょう」
手をひかれて、どこかへと向かっていったのだった
(トイレに行きたいのに・・・)
我慢をしながら、萌についていった
萌は、おむつの売っている場所へ行った
「どれがいいですか~」
「えっ!、やっぱり・・・、そんなの
いらないよ・・・」
小さな声で言うと
「眞子ちゃんはおっ・・・」
眞子は口を塞ぎ
「お姉ちゃん、なにをいってるの
こんなところで・・・」小さな声で言った
恥ずかしくてしかたが、なかった
「早く買いましょう~、どれがいいです~」
「どれがって・・・もうなんでもいいよ・・・」
尿意が強くそんな余裕はなかった
「じゃあ、これですねぇ~」
萌は、すこし大きめな白い紙おむつを選んだのだった
「じゃあ、かってきます~」
眞子は、まだ我慢しながらついていった
そして、買い終わると
「は、早くトイレに・・・」
眞子はもう限界で、すこしチビってしまったのだった
「大変です~、早く行きましょう~」
急いでトイレに向かっていったが
じゅわじゅわじゅわ
下着に、染みがどんどんできていき
大きくなっていった
「トイレがありました~」
だが、そこはかなり混んでおり
すこし待たなければいけなかった
(もう、だめ・・・、ここでお漏らしなんて・・・)
ミニスカートを履いていた、眞子は
足に流れるほど、漏らし始めたのだった
「眞子ちゃん~、あそこです~」
一つも部屋を指差した
おむつの交換する部屋だった
そこには誰もいなかったので、行くとこにした
なんとか、部屋まで行くと
安心したのか、さらに漏らしてしまった
「あっ・・・もう・・・・」
萌が扉を閉めたとたんに
じゅわ~~~~~~~
お漏らしを始めてしまっていたのだった
座り込んでしまい、水たまりを作り始めていたのだった
スカートをずらして濡れるのを避けることしかできなかった
じゅわ~~~~~~~
下着は、ずぶぬれになり
このまま、履いて帰るとこは、できそうになかった
「あら~、おもらししちゃいましたね~」
萌に、靴下とかを、脱がせてもらっていたのだった



終わり
ダ・カーポ小説、姉の恐怖
「おねしょはしてないですか~」
眞子の部屋に入っていき、起こしてから言ったのだった
「してるわけないでしょ・・・、休みなのに
ゆっくり寝させてよ・・・」
もう一度寝ようとしたら
「いいですよ~でもおむつは換えますね~」
布団を取り、昨日、着けさせたおむつをはずし始めた
「ちょ、ちょっと!」
パジャマを脱がそうとされたので
手で押さえて、それを阻止した
「動いちゃ、だめですよ~」
無理やり下ろし始め、おむつを取り始めた
暴れるわけにもいかず、黙っていた
おむつを外している最中に
「そういえば~おむつがなくなったので~
新しいの、買いに行きましょう~」
「そんなのいらないよ…」
何度もやられているが、慣れないおむつ
換えられるのは、いやだった
「じゃあ、私が、買ってきます~」
出て行こうとしていた
(お姉ちゃん一人で大丈夫かな・・・
誰かに言ったりしないよね・・・お姉ちゃんなら・・)
間違えて言いそうな気がして
「ちょっと待って!私もいくから」
萌についていき、新しいおむつを買いに行ったのだった
そして
新しいおむつの生活が始まったのだった




終わり
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。