妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダ・カーポ小説、美春の恐怖、9話、学校編
(ん~、勝手にトイレにいくなんて・・・
これは、おしおきが必要ですね・・・)
授業中、勝手にトイレに行っていたことに怒っており
どんなおしおきをすることにしたのだった
「ん~」
勉強をそっちのけで、お仕置きの内容を考え
勉強は上の空だった
(やはり・・・、これですね・・・)
内容を決めて、少し笑みを浮かべたのだった

そして
今日は、生徒会の会議がある日だった
当然二人は会うことになった
ねむは、顔を赤くして、目線をすこしはずしたりしていた
目の前で学校でおもらしをしたので
家でしたときとは、違う感覚だった
ねむは会議に集中していたのだった
美春は、もう細工はしていたのだった
(あとは、飲むだけですね・・・)
会議をしながら、ねむの様子見ていたのだった
何事もなく会議は進み・・・
その時
ねむの手が動き、目の前に置いてある飲物へと伸びたのだった
(よし、あとは、飲んでくれれば…)
ねむが飲み始めた
(やった、これでもう、すぐにでも・・・)
美春は、ねむを見ながら思ったのだった

ねむに異変はすぐに起こったのだった
(どうしたんだろ・・・、急におなかが・・・)
急激におなかの調子が悪くなってきた
おなかを押さえながら、我慢をしていた
トイレに行こうとしたが
(あっ・・・)
少し前のある日のことを思い出したのだった
それは、会議にて、トイレに行きたいというと
すごく怒られていたのだった
そしてみんなの前で説教をされていたのだった
(トイレに行きたいと、行っても
行かせてもらえないかも…みんなの前で怒られたら・・・)
説教をされてる時にお漏らしをしたらと
考えたら、言いだすことはできなかった

時間が経つにつれ便意が強くなり脂汗をかき始めた
(もう、だめ・・・、漏れそうだよ…)
我慢も限界が近付いてきたのだった
体を少し動かしたりしていたが
便意は、おさまるわけもなく、さらに強くなってきた
さらに時間が経ち、会議も終わることになった
先生が、終わりというと、ねむはすぐに立ち上がり
トイレへと向かったが、早く歩くことができず
トイレに行くのが遅れてしまった
すると、一番近いトイレには、満員だった
ほかの生徒もトイレを我慢をしており
遅かった音夢の前に、入っていたのだった
(そんな・・・、もう我慢だなんて・・・)
もうおもらし寸前になっていた
ほかのトイレに行くこともできず
我慢して、待つことにしたのだった
「はぁ・・・はぁ・・」
息遣いも荒くなり、お尻に力を入れて
我慢して、おなかも触ったりしていたが
(も、もうだめ・・・)
ミチ
(あっ!)
ミチミチ
下着をすこしずつ汚していったのだった
(いやっ・・・そんな・・・)

ムニュムニュ
下着のふくらみはさらに大きくなり
音夢は必死に止めようとした
ムニュムニュムニュ
(止まって…)
ムニュムニュ
下着にすこし溜まるぐらい出てから
なんとか、止めたがまだトイレは開いておらず
状況が悪いのは変わらなかった
(早く開いて…)
お尻にかなり気持ち悪さがあった
少し時間が経ちトイレが開いたのだった
(よかった・・)
と、安心すると
ムニュムニュ
(あっ!)
またおもらしが始まったのだった
(早くしないと…)
漏らしたことをばれないように、しながら
ゆっくりと入ったが、それが間違いだった
ドアを閉めたとたんに
ムニュムニュムニュムニュ
「いやっ・・・、そんな・・・・」
我慢ができずに立ったままおもらしをしてしまった
ムニュムニュムニュムニュ
壁にもたれかかったまま、少しの間
動くことができなかったのだった
そのあと誰にもばれない様に
処理をして、帰ったのだった

終わり
ダ・カーポ、おむつおねしょ小説、姉の恐怖、4話
「はぁ~、最悪・・・、おもらし2回もなんて・・・」
眞子は、買い物が終わり
家に帰って、ベッドの上で、自分のしたとこを
思い出して、恥ずかしかったのだった
おむつまでして・・・、はぁ・・・・)
おちこんでいると、部屋のドアがあき
「眞子ちゃん~、まだ寝てないですよね~」
いきなり萌が入ってきたのだった
「なっ、なにいきなり」
萌は、ベッドに座り目の前にあるものを出してきたのだった
「お、おむつなんか、どうするの・・・」
おむつを見ただけで、今日のことを思い出してしまって
顔が赤くなってしまった
「そんなの、付けるにきまってるじゃないですか~」
(やっぱり・・・)
その答えを、なんとなくは、わかっていた
「じゃあ、付けますね~」
「ちょ、ちょっと!」
萌は眞子を押し倒すようにして
パジャマのズボンを脱がしてきた
(またおむつだなんて・・・)
眞子は、拒否しても無駄なのはわかっているので
なにもしないでいた
下着も脱がされて、下に紙おむつを置いて
今日、体験したのを、また体験したのだった
おむつのテープを付けられて
おねしょしちゃだめですよ~」
恥ずかしいことを言われながらも
我慢しながら、動かなかった
萌は部屋を出ていく途中
「絶対にはずしちゃだめですよ~」
念を押され、出て行ったのだった
「はぁ~」
眞子は深いため息をして、寝ることにしたのだった


深夜になり
「すぅ~~~、んっ・・・」
ブルブルと、体が震えると
しゅ~~~~~
おむつの中から水の流れる音がしてきたのだった
じゅわ~~~~~~
おむつも膨らむほど、出ていたのだった
「んっ・・・、すぅ~~~」
しゅ~~~~~


そして朝になり
目を覚まして、体を起こしたら
すぐに違和感を覚えたのだった
「えっ・・・まさか!」
パジャマに手を入れて確認すると
「そんな・・・」
泣きそうになった、おねしょをしてしまっていたのだった
そのあと萌がやってきて
おむつを替えてもらい
そのあと
「眞子ちゃんには、おむつが必要ですね~」
と言われ、一旦部屋を出て行ったのだった



終わり




ダ・カーポ小説 美春の恐怖、8話、学校編
朝になり美春がねむの家にきたのだった
インターホンを鳴らし
「先輩~、学校に行きましょう」
「うん、すぐに行くから待ってて」
二人で学校に行くことにしたのだった
学校に行く途中
「先輩」
「なに?」
美春はおねがいがあるといい耳打ちをしたのだった
「えっ!」
びっくりして、聞き返そうとしたら
「じゃあ、言いましたからね~
約束破ると、どうするかは、わかりますよね・・・」
笑みを浮かべながら、先に学校へと向かっていったのだった
「そんな・・・」

そして授業中
(んっ・・・、やっぱりすこしトイレに・・・)
ねむは学校に来て、一度もトイレには
行っていなかったのだった
美春に言われたことを、実行していたのだった
休み時間には、毎回美春が来ていて、トイレに行っていないのを
確認して、休み時間の間ずっと一緒にいて
トイレに行かせることはなかったのだった
まだ、尿意は、すこしだけだったが
強くなってくるのは、わかるので
どうにかして、トイレに行こうかと思っていたが
あの事をばらされると思うとそれはできなかった
授業が終わり
また美春がやってきて、時間をつぶすのだったが
今回は少し違うかった
「はい、先輩、飲物です」
「ちょ、ちょっと、こんなの飲んだら」
美春はまた耳元で
「私の言うことは聞いてもらいますよ」
その言葉だけで、すぐにでも飲んだのだった
また授業に入り、おわるころになると
(ダメっ・・・、漏れそう・・・)
さっきの飲物のせいで尿意はもう限界に近かった
足をモジモジして
たまに前を抑えたりして我慢していた
(こんなところで、お漏らしなんて・・・)
教室でのおもらしだけは避けたくて
とにかく我慢をしていたが
(あとどれぐらい・・・・)
あと少しということで、すこし気が緩むと
じゅわ
(あっ!)
下着にすこしチビってしまったのだった
でもねむは、気にせず全部おもらししないことだけ考えていたのだった

そして授業が終わるころには
椅子にが濡れるのではないかというぐらい
チビっており、すぐに椅子から立ち上がり
教室の外へと向かった
トイレの前まで行き
(これでトイレに・・・)
その時
「先輩、なにやってるんですか」
後ろから、突然声をかけられたのだった
ねむはびっくりして
さらにチビッてしまったのだった
「あの・・、これは・・・」
言い訳を考えようとしていたが
「こっちに来てください」
美春に連れて行かれ、いつも人が少ないトイレへと向かったのだった
「先輩もういいですよ」
個室に二人で入り
「えっ、でも、美春が・・・」
トイレはしたいがさすがに、人前でしたくはなかった
「お漏らししそうなんですよね」
美春はいきなりスカートの中に手を入れたのだった
「やっ・・・、やめて・・・」
美春は下着を触り始めたのだった
「もうおもらししてるんじゃないですか
こんな濡れてるのに、我慢できなかったんですか」
「お願いやめて、でちゃう・・・・」
何度も触られて
とうとう、おもらしを始めてしまったのだった
じゅわ~~~~~~
「お漏らししちゃいましたね」
たったまま、おもらしをしているねむの姿を見ていたのだった
びちゃびちゃびちゃびちゃ
じゅわじゅわじゅわ
「そんな・・・」
そのあと美春に着替えを貰い授業に戻ったのだった


おわり

テイルズオブシンフォニア おもらし小説、帰り道のコレット
コレットは、授業を受けていたのだった
(ん~、難しいなぁ…)
黒板に書かれてる問題は難しく、悩んでいたのだった
時間は進んでいたが、あまり理解できず
授業が終わってもまだ先生に聞くことにしたのだった
わからないところを、聞いていたのだった
トイレにもいかずに…

もう放課後になり、かなり時間が経ち
帰ることにしたのだったが
(んっ・・・、トイレ行きたくなってきた)
尿意もきつくなってきていたのだった
トイレに向かおうと思ったが
あたりは少し薄暗くなっており、すこしこわくなってしまった
(と、トイレくらい・・・、家ですればいいよね・・・)
そのまま家に帰ることにしたのだった

学校を出てすぐに
(あっ~、おしっこいきたいよう~
早く帰らないと~)
すこし焦り早歩きで帰ることにしたのだった
周りは暗くなっており
漏れそうだが、怖いのでゆっくりしか
進めなかったのだった
前を押さえて我慢するほど
きつくなり、歩く速さも遅くなっていた
そんなコレットだが
限界は、もうすぐだった
(もうだめ・・・、おもらしなんていやだよ…)
じゅわ
「あっ!」
下着に小さな染みができた
(そんな・・・もうだめ・・・)
じゅわっわ
染みは大きくなり履いているタイツに
染みだしてきた
(いやっ・・・・・)
おしっこはどんどん出てきて
止めることはできなかった
足を伝い、地面に水たまりができ始めた
じゅわ~~~~~
びちゃびちゃびちゃびちゃ
水たまりは広がっていき
コレットは、泣き始めしゃがみ込んでしまった
大きな水たまりの上で泣いていたのだった
おもらしだなんて・・・・)
少しの間その場所に座ったままだった
すると、冷たくなりかなり気持ち悪くなっていった
「早く帰らないと…」
コレットの通った道には
おしっこの滴がいっぱいあったのだった


おわり
ダ・カーポ小説、姉の恐怖、3話
萌に、下着等を洗ってもらっていた
眞子は、ハンカチを貰い
自分で、濡れた体を拭いていた
(おもらししちゃうなんて・・・最悪・・・)
泣きそうになりながらも、体をきれいにした
萌は、下着等を洗い終わったが
「これは、今すぐには、履けませんね~」
濡れた下着を広げながら言った
「ちょ、ちょっと、やめてよ・・・」
お漏らしした下着を広げられて、恥ずかしかった
「どうします~、下着は無いですよ~」
替えの下着はあるはずもなく
眞子は
「お姉ちゃんが、新しい下着を買ってきてくれれば…」
萌は、それを聞いていないのか
何か考えて「そうです~」と、言い
さっきかった、紙おむつを取り出したのだった
「まさか・・・」
「はい・・・早くつけましょう~」
おむつを取り出し、台に座らせた
「ちょ、ちょっと、ここ狭いし、それに、おむつ履くなんて…」
「大丈夫です~」
台におむつを広げ、座らせたのだった
(恥ずかしい、赤ちゃんじゃないのに・・・)
顔を真っ赤にしながら
おむつを付けられていたのだった
すこし大きめな紙おむつを買ったので
難無くつけることができたのだった
「おわりましたよ~」
眞子は台から降りて、おむつ姿を鏡で見た
(はぁ・・・、かっこ悪い・・・
てっ・・・、私スカートなのに)
濡れていないスカートを見て思ったのだった
とにかく履いてみたら
すこし膨らんでいたが
普通では見えないようだったが
下からは、丸見えだった
白いものなので、すぐにはばれないと思って
もういい、と思い
とにかく、早く帰りたかったのだった
「お姉ちゃんもう、帰ろう!」
手を引いて、店を後にしたのだった

そして
二人は電車に乗って帰っていると
眞子は、すこし焦っていた
(どうしよ、トイレに、行きたくなってきた・・・)
お漏らしをしたが
便意が強くなっていたのだった
大きいほうは、していなかったのだった
かなり限界に近く電車の揺れでさえ
きつく感じるほどだった
(んっ・・・、だめ・・・漏れそう・・・・)
次の駅まであとすこしのところだった
(あとちょっとで・・・・)
足を閉じて我慢をしていたが
ガタン!
電車が大きく揺れると
ミチ
(あっ!そんなぁ・・・・)
白い紙おむつがすこし汚れてしまったのだった
むにゅむにゅ
一度で始めたものは止まるわけもなく
出続けたのだった
むにゅにゅにゅにゅ
おむつはどんどん膨らんでいった
駅に着こうとしていたが
まだ止まらず
周りもすこしざわざわし始めた
まこがおもらしをしたとは、気付かれてはまだいないが
次の駅ですぐに降りることにした
むにゅむにゅむにゅむにゅ
とっさにお尻は隠して
膨らんだスカートと、おむつは見えなかった
おむつが落ちるかと思ったが
とにかく早くでたかった
萌を連れて急いで電車を降りた
「まだ、この駅じゃないですよ~」
と言っていたが
気にせず、トイレに向かっていき
個室に行くと、眞子は静かに泣き始めて
お漏らしをしたことを言い
おむつを替えてもらったのだった



終わり
ダ・カーポ、美春の恐怖、7話、音夢の家編
昨日、二人で寝た、ねむと美春だった
ねむは、起きてなにか、違和感を覚えた
(なんだろ・・・・)
パジャマを脱がされていたのだった
「な、なにをしてるの」
ねむのパジャマを下ろしている美春の姿があった
「おねしょしてないかの確認ですよ」
「そんなの、するわけないでしょ」
すこしあきれた声で、言った
「おねしょは、してないようですね」
美春は、おむつを触りながら言った
「ちょっと・・・、そんなに触らなくても…」
ねむは、パジャマから、着替えることにした
おむつは、はずしていいということになった
美春は、朝ごはんを作ることになり
部屋を出る途中
(撮りたい物も、とれたし・・・
とは、もう一度やってもらいます…)
いろいろ考えながら、部屋を出て行ったのだった

そして二人で、朝ごはんを食べ
会話をしたりしてると
(トイレいきたくなってきちゃった・・・)
起きてから行ってないので、行こうとすると
(あれ~トイレ行きたいんですか~)
美春が笑みを浮かべながら言った
ねむは嫌な予感がして
「ち、違います」
とっさに嘘をつき、自分の部屋に戻ったのだった
(トイレに行きたいといって、なにかあったら・・・)
昨日のおむつのことがあり
トイレにいきたいと、言うと、なにかされるのかと
思ったのだったが
美春は
(わかりやすいですね、先輩は・・・)
このあとどうするかを考えていたのだった

ねむは部屋に戻ったが
時間が経つと
(やっぱり、だめっ!、トイレに行かないと
お漏らししちゃう・・・・)
前を抑えたり、体を動かして我慢していたが限界だった
部屋を出ようとすると
「やっぱりトイレですね正直にいえば、いいのに・・・」
部屋を出た先に、美春が立っていたのだった
「それは・・・」
「そんな先輩は、おしおきです」
美春はねむを部屋に戻し
「もう我慢できないの、お願い・・・」
美春の目も気にせず
前を押さえて、我慢をしていたら
パシャ
写真を撮られたのだったが
漏れそうなので、はなすことはできなかった
「お願い・・・」
「だめです、うそついたからです」
じわりじわり
すこしずつ下着に染みができ始めていた
「じゃ、どうすれば・・・」
おもらししても、いいですよ」
美春の言葉に驚いていた
「そんな・・・お漏らしはいやっ!」
じゅわっわ
「あっ!」
さらに、おもらしが続き
ねむは座り込んでしまいさらに懇願した
「仕方ないですね・・・、じゃあ・・・
おむつしましょうよ、このままじゃ、トイレにも
いけないでしょうし」
美春は、手に持っていたおむつ
つけに近づいてきた
ねむはもう、拒否するのも、きついぐらい我慢をしていて
美春の言うとおりにした
スカートをはいていたので、おむつは履かせやすかった
「あっ!、すこしおもらししてますね、濡れてますし」
美春は、濡れている部分を押してみた
「あっ・・・、やめて・・・でちゃう・・」
押しただけで、染みがさらに広がっていった
「お漏らしは止めれないみたいですね」
美春はさらに押し続けて
当て布の部分はもうおもらしをしたのと同じだった
「あっ・・・やめっ・・・お願い・・・」
ねむは泣きそうになるぐらい、きつかった
「そろそろ、でちゃいそうですね、おむつをしてあげますね」
濡れた下着を、脱がしてあげて
女の子用のピンクの紙おむつをはかせてあげた
寝た状態なので苦労したが
なんとかはかせると
「もういいですよ、我慢しなくても」
言い終わる前に、おむつの中から水の流れる音がしてきた
ゆっくりと膨らんでいくのがわかった
じゅわ~~~~~~~
ねむの顔を見ると気持ちよさそうな顔をしていた
かなり我慢をしていたのだった
そして
そのあとに処理をして
濡れた下着は洗って
新しい下着を、履いたのだった

美春はその時の写真もとっていたのだった


終わり

ダ・カーポ、おもらし小説、姉の恐怖、2話
眞子は萌と一緒に朝ごはんを食べ
二人で買い物に行くことになった(眞子はあまり気乗りはしてないが)
「どこにいきますか~」
萌は、楽しそうに話しかけてきたが
眞子は、おむつを買いに行くんでしょと、言い返して
「そうです~」
言われて、深いため息をしたのだった
誰かに見られたりすると、いやなので
遠くに行こうと、言って
近くの店に、行かないようにしたのだった


二人は遠くのデパートに行くことにした
「ここは広いですね~」
「うん、そうだね」
まずは二人で、店の中を回ることにした
いろいろと、回りながら
飲み物を飲んだりしながら、二人で遊んでいたら

(あっ・・・トイレに行きたくなっちゃった・・・)
長い間トイレに行かず、遊んでいたので
尿意が強くなっていたのだった
「お姉ちゃん、トイレに行ってくるね」
と、行こうとしたら
「大変です~、では、早く買いに行きましょう」
手をひかれて、どこかへと向かっていったのだった
(トイレに行きたいのに・・・)
我慢をしながら、萌についていった
萌は、おむつの売っている場所へ行った
「どれがいいですか~」
「えっ!、やっぱり・・・、そんなの
いらないよ・・・」
小さな声で言うと
「眞子ちゃんはおっ・・・」
眞子は口を塞ぎ
「お姉ちゃん、なにをいってるの
こんなところで・・・」小さな声で言った
恥ずかしくてしかたが、なかった
「早く買いましょう~、どれがいいです~」
「どれがって・・・もうなんでもいいよ・・・」
尿意が強くそんな余裕はなかった
「じゃあ、これですねぇ~」
萌は、すこし大きめな白い紙おむつを選んだのだった
「じゃあ、かってきます~」
眞子は、まだ我慢しながらついていった
そして、買い終わると
「は、早くトイレに・・・」
眞子はもう限界で、すこしチビってしまったのだった
「大変です~、早く行きましょう~」
急いでトイレに向かっていったが
じゅわじゅわじゅわ
下着に、染みがどんどんできていき
大きくなっていった
「トイレがありました~」
だが、そこはかなり混んでおり
すこし待たなければいけなかった
(もう、だめ・・・、ここでお漏らしなんて・・・)
ミニスカートを履いていた、眞子は
足に流れるほど、漏らし始めたのだった
「眞子ちゃん~、あそこです~」
一つも部屋を指差した
おむつの交換する部屋だった
そこには誰もいなかったので、行くとこにした
なんとか、部屋まで行くと
安心したのか、さらに漏らしてしまった
「あっ・・・もう・・・・」
萌が扉を閉めたとたんに
じゅわ~~~~~~~
お漏らしを始めてしまっていたのだった
座り込んでしまい、水たまりを作り始めていたのだった
スカートをずらして濡れるのを避けることしかできなかった
じゅわ~~~~~~~
下着は、ずぶぬれになり
このまま、履いて帰るとこは、できそうになかった
「あら~、おもらししちゃいましたね~」
萌に、靴下とかを、脱がせてもらっていたのだった



終わり
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。