妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テイルズオブシンフォニア おもらし小説、コレット、二度の悲劇
おねしょ、大小おもらしなど色々な小説です






「はぁ・・・嫌だなぁ・・・学校に泊まるだなんて」

コレットはベッドで寝ながらこう考えていたのだった
学校の行事で校舎に一泊するという日まで近づいていたのだった

みんなと一泊できるのだから喜んでいいはずなのだが
コレットはある悩みを今抱えていたのだった



その悩みとは・・・・



次の日の朝


「また、やっちゃった・・」
コレットは布団をめくり自分のパジャマに目をやった
パジャマはグッチョリを濡れており下着は勿論
ベッドもかなりの範囲で濡れていたのだった

「はぁ・・・もう今月に入って何回目だろ・・」

コレットは最近またおねしょをよくするようになり
特に今月は連続しておねしょをすることが多くなっていた

しない場合でも一日ぐらいでまた連続してするほどだった

コレットはとにかく着替えることにして着替えを持ちお風呂へと向かうのだった
濡れたパジャマと下着を水につけてからお風呂へ入った

コレットは体を洗いながらまた行事のことを考えたのだった

(このままじゃ本当におねしょしちゃう・・・
でもずる休みなんてできないし・・)

コレットはずる休みという選択肢もあったが
性格からしてやはり踏み切ることはできなかった


そして数日後その日がやってきた

(はぁ・・・どうしよう・・・)

学校には生徒が集まりもう遊んでいたりしていた

コレットはそんな気にはなれなくてただ座っているだけだった

ロイドやジーニアスになんか変だとかも言われたりもしたが
大丈夫と強がりを言っていたりもしたのだった

だがコレットはもう一つ問題が出始めていたのだった
それは学校での肝試し大会があるということがわかった

コレットには不運が重なりさらに落ち込んでいたのだった


その夜
コレットは学校内を一人で回るということになって
明かりもほとんどないところを歩いていたのだった

(う~~怖いよ・・・)
夜の後者は当たり前のように暗くさらにかなり冷えており
もちろん尿意も少しつづだが強くなっていたのだったが

それよりも早く終わらせたかったので
そのまま進むことにしたのだった、本当は一人でトイレに
行くのが怖かっただけだったが

「あれ・・・ここのはずじゃ・・」

目的地に着いたはずだったがそこには何もなく
コレットは辺りを見回していたのだった

「なんで・・・印を取ってきてと言われたのに」

その場所に行った印が置いてあると言っていたのだが
そこには無かったのだった

だが数分もたたないうちに

ガタッガタッ

「きゃ」
コレットは体全体が飛び上るほどにびっくりし

ちょろ

少しだけチビッテしまったのだったが
目の前にあるドアが勝手に開こうとしていたのでそれどころではなかった

「きゃ~~~」

コレットはすぐに走りだしてその場から逃げだしたのだった
すごい叫び声をあげながら


そしてコレットが去った場所からは
ジーニアスが顔を出して
「まだなにもやっていないのに・・・」と
ロイドとともにあきれていたのだった



そのころコレットはまだ走っていて

ちょろちょろ

じゅわじゅわじゅわ~~~~~

お漏らしをしてるぐらい下着を濡らし始めたのだった

しゅ~~~~~

じゅわ~~~

「あっ!」


コレットは怖くて気づいていなかったが
おしっこが漏れていると気付きすぐにその場にしゃがみ
止めようとしたが当然止まることはなく

しゅ~~~~
じゅわ~~~~~~~~~~

コレットを中心に大きな水たまりを作っていったのであった

「そんな・・・」
泣きそうになったが肝試しでお漏らしをしたなど
年下の子もいる中でばれるのは嫌だったので一人で片づけることにしたのだった

下着などを洗い何食わぬ顔でコレットは戻っていったのだった













肝試しも終わりコレットはまたも危機に陥っていたのだった

「お腹が・・・」
コレットは大きい方がしたくなってしまったのだった

お漏らしはしてしまったが実質トイレには一度も言っておらず
学校でするのも控えていたので結局我慢の限界が近付いたのだった

我慢をして寝ようと考えたのだが
便意は明らかに強くなっておりやはり漏らしてしまうと考えたのだった

(またお漏らしなんてダメ・・・) 

仕方なくコレットは布団を抜け出してトイレに向かおうとしたが・・

(こ、怖い・・・)

ここは家ではなく夜の学校でまだすこしだけ明るかった時でも
怖くて行きづらかったのだが

今は電気一つついていないので歩くのさえ嫌になりそうになっていた

「こっちだったよね・・・」

あまり前も見ることも無くさらに暗いので道に迷いそうにもなっていた

コレットがトイレまでの角を曲がろうとしたその時

「きゃ!」

何かにぶつかった、その衝撃で尻もちをついてしまったが
そのだけなら良かったが

光が自分を照らしていてその奥から人影のような物がみて

「きゃ~~~、うぐっ!!!!」

コレットは叫んでしまったがすぐその影から口をふさがれてしまい
声を出すのができなかった

コレットは極限の恐怖を味わい我慢を忘れてしまっていたら

ミチミチミチミチ

我慢をしていた大きい方のお漏らしを始めてしまったのだった

むにゅむにゅむにゅむにゅ

我慢していたのですぐに下着を大きくしていったのだった

「コレット!?どうしたの?」

そこには明かりを持ったリフィルがいたのだった

コレットはすぐにそれに気づいたがもう止めることもできず

ただ目に涙をためるしかできなかったのだった

その間にもまだ出続けていた

ミチミチミチ

むにゅにゅにゅにゅ

リフィルにも匂いと音を感じ始めすぐに察知した

「もう大丈夫かしら・・早く着替えましょう」

コレットに対して優しく言った

もうおもらしの止まったコレットはただうなづくしかなかった

リフィルのおかげでお漏らしは誰にもばれることはなく

一日に二度もおもらしをしてしまったが誰にもばれていないのが

せめてもの救いだったが・・・

リフィルは一緒に寝て上げると言ってくれたが

コレットは怖くて先生と寝たなんて言われると恥ずかしく思い

それは拒否したのだが・・・


次の日の朝


「そんな・・・」

おねしょは改善されてはいないのでそのままおねしょをしてしまった

周りは女の子の年下だけだったが

コレットのおねしょについて悪気はないのだけれども

おねしょしてる、など言われていたのだったが

泣いたら余計に駄目なのでがまんをしていたのだった

一緒にいた女の子は全員黙ってるようにリフィルに言われたのだった

このせいかわからないがこの日から
コレットは毎日おねしょをしてしまうようになったのだった

そしてトイレも怖くなりおもらしも増えたそうな・・・

終わり
コレット、お漏らしイラスト
img20080305163441.jpg

テイルズオブシンフォニア、コレット・ブルーネル おもらし
テイルズオブジアビス おもらし小説、アニスのイタズラ

ある街へ向かう途中・・

この辺はモンスターも出ない場所で休憩をしていた
アニスが
「う~ん暇だな・・休憩たってそんなに疲れてないし
ガイであそぼっかなぁ~」

地べたに座ってアニスは暇つぶしの方法を考えていたら
あることを思い出したのだった

(そういえばティアがいる時に怖い話しようとしたら
怒って出て行ったなぁ、もしかして・・・)

「ふっ、ふっ、ふっ」
アニスはなにやらよからぬことを考えている顔をしながら
不敵な笑みを浮かべていたのだった

休憩を終えて街へと向かい宿に泊まったのだった

そしてその夜
アニスは食堂で食べ物を貰いティアの泊まっている部屋へ
向かったのだった

アニスはドアのところでティアを呼び出した

「あらアニスこんな時間にどうしたの?」
ティアは部屋から出てきてその姿を見たアニスは
ほんの少し笑みを浮かべた

そしてアニスはティアと話をするために来たと言って
強引に部屋に入っていったのだった
ティアは不思議そうな顔をしていたがドアを閉めて
アニスと話をすることにしたのだった

最初は面白かった事や戦闘のことなど
普通の会話をしながら楽しんでいたが

(もうそろそろかな・・)
アニスは持ってきた飲物なども全部なくなり
ある程度時間がたったのであることを実行することにしたのだった

アニスは立ち上がり電気のスイッチの所へ行った
もちろんティアにはトイレに行くなど行って
こちらの行動は気にしてはいなかった

アニスはローソクを用意しており火も準備して
電気を消したのだった、怖がりのティアは

「きゃ!」
ティアは突然暗くなったことに驚き小さな悲鳴を上げた

アニスはすぐにその場を移動していた

「アニス!なにをやってるの!」
暗いのは苦手なので悪戯をしたアニスを叱るように
ティアは喋っていたがアニスは気にせずに
窓の所へと行き開けたのだった

外はまだ肌寒い季節で冷たい空気が部屋の中に入ってきた
ティアは冷たい空気を感じるだけでまた小さな悲鳴を上げた

アニスはその様子を見て顔がにやけていたのだった
ティアはアニスに対して色々と言っていたが
気にせずに準備したローソクに火を付けてティアの前に立った

その姿を見たティアはアニスの予想通り悲鳴を上げていた

「やっぱり・・・面白いことと言えば・・・怖い話だよね・・・」
ティアを怖がらせようとしてすこし声を変えて喋った

アニスは怪談話を始めたのだった
ティアはアニスが驚かせようとして急に声を大きくしたり
物音を立てたりして、毎回体をビクッとさせていて
アニスはその様子を見て楽しんでいたのだった

「アニス・・もういい加減に・・じゃないと・・」
ティアは小さな声で言ったのだがアニスは気にも留めずに
そのまま喋り続けていた

ティアは飲み物を飲んでいてさらに窓を開けられたので
体が冷えてきてトイレに行きたくなっていたが
そのことを告げようとしても自分の世界に入っているアニスを
止めることはできなかった

ティアはどんどん強くなる尿意を我慢していたが
体を少し動かすなど限界も近付いていたのだった

(アニスはもう楽しんでるみたいだし・・
何を言っても無駄なのかしら・・でももうすぐおわるはず
それまで我慢すれば大丈夫なはず・・・)

アニスの暴走?はいずれ収まると考えたのだったが
その考えは甘く一向収まることもなく
ティアの尿意が強くなるばかりであった

そしてついにその時が来てしまったのだった
アニスがまた驚かそうとして大きな物音をたてたのだった

バンッ!とその音が鳴ったと同時に
ティアの体はビクッとなりそれだけでなら良かったが

じゅわ

「あっ・・」

ティアはすこしだけ純白の下着を汚してしまったのだった

(そんな・・・出ちゃうなんて・・)
ほんのすこしとはいえこの年でおしっこをチビッテしまったことに
動揺していたのだった

(早くトイレに行かないと・・)
トイレに行こうと立ち上がろうとしたら

「あ~駄目だよまだ終わってないんだからね」
アニスがそう言うとティアの肩を掴んでもう一度座らせたのだった

勢いがついて我慢が途切れてしまったのだった
じゅわじゅわ

さらに下着に染みができ始め止めるのも無理になってきていたのだった

ちょろちょろちょろ

ゆっくりと下着を濡らしていった
その時アニスが
「まだまだ終わらないからね♪」

「いい加減にして!」

ティアはアニスの執拗な攻撃?に耐えかねて
睨みつけながら大声を上げたのだった

「ティア、こわ~い・・・」

「もういいから出て行って!」

ティアにそう言われるとすぐに部屋から出ていったのだった

「はぁ・・はぁ・・」

ティアは息遣いも荒くなり限界が近くとにかく
すぐにでもトイレに向かうことにしたのだった

「はぁ、はぁ」

足を閉じた状態で歩いているためにとにかく時間がかかっているのだった

だが足を開こうとしただけですぐにでも出てしまいそうな感じに
なってしまっていたのだった

「もうすこしなのに・・・」

あと少しの所までなんとか来たのだったが

(もう漏れそう・・・トイレの目の前にしてだなんて・・・)

じゅわじゅわ

ティアの下着はさらに濡れていき

「はぁ、はぁ・・このまま行っても・・・」

ティアはトイレには向かっていたがあまりにも漏れそうになり

トイレに行っても我慢ができるかわからず

冷静?になりそうしたくはなかったが仕方なくお風呂のほうへと

向かったのだった、幸いお風呂のほうが近くにあり

それもティアのお風呂に行くという決断の決め手でもあったが

「あっ!ダメ・・そんな・・」

もうすぐ我慢から解放される、とその少しの油断が

決壊を招いてしまいそうになったのだった

じゅわじゅわじゅわ~~~

もう下着には収まりきらず床にまで落ちるほど濡れはじめていたのだった

(ここで漏らすのだけは駄目!)

ティアは部屋の中でだけは漏らすわけにもいかず

とにかくお風呂にだけはと我慢をしながらも

急いで移動したのだった、そして

「やっと、お風呂に・・あっ・・・、はぁ・・・」

ティアはお風呂に着いたと同時に服のまま浴室に入った

決壊は始まってしまったのだった

我慢を重ねたので気持ちよさそうな顔をしながらお風呂の中でお漏らしを始めてしまったのだった

じゅわ~~びちゃびちゃびちゃびちゃ

(この年になっておもらしだなんて・・・)

服を濡らしていき水たまりもできるわけもなくただ排水溝に流れていくだけだった

終わり
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。