妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テイルズオブシンフォニア プレセアのお漏らし癖、2話
「どうなってるんでしょうか・・・」
トイレを済まして歩きながら考えていたのだった
トイレがかなり近くなっており
何度か、おもらし寸前というのもあった
それは、この前におもらしをした日からだった
(このままじゃ、いつか本当におもらしをしてしまうかもしれません)
おもらしの心配をしていたが
誰にも相談することはできずにいた
おもらしをしてしまうかもしれないとは
いえるはずもなかったのだった
とにかく我慢をして、おもらしだけは
避けることを考えていたのだったが
おねしょも気になっていたのだった
まだしてはいないが
寝る前には、必ずトイレに行き
寝ることにしていたので
なんとかおねしょをすることはなかった
(みんなの前ではできません・・・)
仲間の元へと、もどることにしたのだった


数日がたち
かなりの遠出をすることになり
宿にとまることはできなくなってしまったのである
そして野宿をすることになったのであった
(はぁ~、大丈夫でしょうか・・・)
夜になり、もう寝る時間になり
最後にトイレに行っておいて寝ることにしたのだった
深夜になり
トイレで目を覚ましたのだった

(どうしましょう・・・やっぱりトイレに行きたく
なってしまいました)
予想通り?か、尿を催してしまったが
ほかの人を起こすのも悪いと思い
ひとりで行くのは怖いが
トイレに行くことにしたのだったが
あの日のことを思い出してしまったのだった
そうすると、急に怖くなり
動くことができなくなり
(私は子供ではありません・・
だからおねしょなんて・・・)
自分に言い聞かせるようにして
そのまま寝ることにしたのだった

次の日
「そんな・・・」
やはりおねしょをしてしまっていたが
みんなにばれたくなかったが
近くにいるのはリフィルだったので
着替えを持ってきてもらうことにした
着替えさせてもらっている時に
(恥ずかしいです・・)
脱がされた自分の下着を見て顔を赤くしていた
新しい下着を着させてもらったのだった
そして
今日も移動距離が長いので
朝ごはんを食べるとすぐに出発するのだった



終わり

小説 おねしょ テイルズ プレセア・コンバティール
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。