妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダ・カーポ、美春の恐怖、4話、音夢の家編
「今日は実行の日ですね・・・」
手にあるものを持って、すこし笑いながら言った
ねむの家にて、あることをしようと思っていたのだった
頼子は、もうおもらしをさせたので
次のターゲットはねむに向けられたのだった

夜になり
食事も済まし、ねむの部屋で3人で会話をしていたのだった
そこで美春が
「そうだ、DVDでも、見ましょう、持ってきたのがあるんですよ」
美春は、そのまま部屋を出て行き、自分の寝ている部屋へと向かい
「楽しみです・・・」
DVDと、あるものを取り出し、台所へ向かい
ジュースを入れてから、あるものを入れた
(これで、すぐに・・・・)
すこし笑いながら、部屋へと戻っていった

DVDをみることになり、美春はその前に
「ジュース、持ってきました、先輩と頼子さんも、どうぞ」
二人はジュースを受け取り飲んでいた
(これで準備万端です)

「これから見るのは、ホラーですので
暗くしますね、最後まで、絶対みましょうね
もし見れないなら、そうですね・・・
なにか罰ゲームをしましょう」
DVDをセットしながら言った
部屋を暗くして、二人の横に座ったのだった

すこし時間が経ち
美春を除く二人が、すこし行動が変だった
体を動かし何かを我慢していてるようだった
トイレに行きたいものの、美春がしがみついており
動くことができず、ピンチだった
(トイレに行きたいなぁ・・・・
何で急に、ジュース飲んだからかな?)
気を抜けば、漏れるかと思うほどきつくなっていた
前を抑えたいと思いながらも
二人の前で、押さえるわけにもいかず、我慢していた
頼子のほうは
(怖いです・・・・苦手なんですが・・・・)
美春に絶対見るようにと、くぎを刺されていたのだった
トイレは限界に近く、おもらしをしそうだった


そのまま時間がたち
DVDもかなり進み、怖さもかなり増してきたのだった
「きゃ!」
すこし声も出し怖がっていた
頼子は
(漏れそうです・・・トイレに行かないと・・・きゃ!)
ちょろ
「あっ!」
すこしちびり声を出してしまった
美春は、頼子が声を出したのを聞き逃さず
漏らしたのだと思ったのだった
(あとすこしですね・・・)
もうすこしで、おもらしをしてしまうと、思った
頼子はさらに
ちょろちょろ
下着に染みをすこしずつ広げ
(もうだめです・・・・)
じゅわじゅわじゅわ
じゅわ~~~~~~
頼子はうつむいて、動かずおもらしをしていた
水たまりが広がり
ねむは
(ん?水?)
足が濡れる感覚があり、その部分を見てみたが
暗くて見えず、またすこし触ってみたりしていたら
顔を伏せて、すすり泣く声がしていた
頼子が泣いているのが、わかり
「まさか・・・・」
泣いている姿と、水たまりにより
お漏らしをしたのがわかり
「美春、ちょっと止めて、頼子さんが・・・・」
言ったら
「もうだめなんですね、罰ゲームですよ」
美春は言っていたが
ねむは頼子の世話をしなければと、
気にはしてなかった
美春は、頼子を見ながら
「あれ?、おもらししちゃったんですか?
大変ですね、美春がタオルを持ってきます
それまで、頼子さんをお願いします、先輩」
部屋から出ていった
「えっ・・そんな・・・」


終わり
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。