妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テイルズオブシンフォニア 大おもらし小説、ジーニアス、学校での限界
ジーニアスの大おもらし

ジーニアスはおなかを押さえながら
(あっ・・・すこしトイレいきたくなってきた)
授業は始まったばかりだが
すこし便意があった
(まぁ、大丈夫かな)
たいしてしたくなかったのと
学校ではしたくないというのがあり
我慢することにした
授業が終わり、休み時間になって
前よりすこし、便意が強くなったが
(あと授業、2回だし、大丈夫かな?)
そのときには行かなかった
次の授業の中盤になると
(どうしよ・・・
トイレにいきたい・・・
でも今行ったら、かっこ悪いし・・・)と
考えていたが、授業終盤になると
(だめっ、行かないと、漏れるかもしれない)
行くことに決めたが
そのときクラスメイトから
「この時間の当番でしょ?
先生のところへ、もって行かないと」
「そうだったっけ?」
「うん」と、クラスメイトは行ってしまった
(姉さんのとこか・・・、ついでにトイレにいけばいいか)
立ち上がると
「うっ・・・」
便意はそうとうつよくなり、いつもらしても
おかしくないほどだった
ジーニアスはできるだけ急いで
まずトイレに向かったが
(だめ・・・あいてない)
トイレは満室で先に用事を済ませて
行くことにした
(姉さんの部屋、どこだっけ?、たしか遠かったっけ?)
お尻を閉じながらゆっくり歩き探していた
そして
部屋がみつかりあけようとしたら
「あれ?、あいてない?」
ノックをしても、返事はなかった
(そんな!、トイレ、どうしよ!)
いろいろ考えたが便意のせいで
考えられず、その場で、迷っていた
(うっ!)
急激な便意の波がきて、壁にもたれかかり
我慢した
(だめだよ、ここで漏らすなんて・・・)
そのとき
「どうしたの、ジーニアス?」
リフィルが戻ってきたのだった
「あっ!、ねえさ・・・」
「?」
リフィルが、戻ってきてトイレにいけると思い
油断をしたら、出てきてしまった
ミチミチミチミチ
「あっ・・・」
すこし気持ちよさそうな顔をしていた
むにゅむにゅむにゅむにゅ
リフィルは、おかしいと思いながら近づいていくと
かすかな匂いと、ズボンを見るとすぐにわかった
「とにかく中に入りなさい」
部屋の中に入れてもらい
着替えさしてもらったのだった



終わり

小説 大おもらし テイルズ ジーニアス・セイジ
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。