妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
D.C. ダ・カーポ 朝倉音夢、お漏らし小説  
「(はぁ… トイレに行っておけば良かったかも)」

 ある日の授業中

黒板に書かれていく文字を見ながら
足を交差させたりしながら尿意を紛らわせている、朝倉音夢の姿があったのだった。

「(まさかあそこで先生に止められるなんて)」

 休み時間に先生に呼び止められトイレに行く機会を失ってしまい
過ぎてしまったことは仕方ないと軽くため息をついて授業に集中していった、
集中したせいか自然と尿意のことは気にならなくなっていたのだった。

 そして授業が終わるぐらい時間が経った頃

「(ちょっときつくなってきたかな… 休み時間にトイレに行かないと)」

 音夢は忘れていた尿意を思い出しまた足を交差させたりして尿意を紛らわせることにしていたのだったが

「(どうしよ…… トイレに行くだなんて恥ずかしいし、終わるまで我慢しないと)」

 漏れそうなほどの尿意が襲ってきていたが
授業中にトイレに行きたいと言うことは恥ずかしく言えなかったので
とにかく我慢することにしたのだった。

 足を交差させたりバレないようにスカートを抑えたりしながら
時間を潰し、やっと授業が終わりすぐにトイレに向かうことにした。

「やっと行ける……」

 そうボソッと口にしゆっくりと立ち上がりトイレに向かおうと思ったのだったが

「(そうだ、次は体育か…… 早めにトイレに行っておかないと)」

 そんなことを考えながら授業の片付けをしていたのだったが
我慢していることもありいつもよりも時間がかかってしまいトイレに行くのが遅れてしまったのだった。

「早く行かないと……」

 音夢は急いでトイレに向かったのだったが
すこし時間が経っていたせいもありトイレは混雑していたのだった。

 違うトイレへと行くことも考えたのだが他のトイレも混んでると思い
あまり時間を消費するわけには行かないとそのまま並ぶことにしたのだが
次の授業の時間は迫ってきてしまい

 とにかくまずは授業を優先しなければ、と一旦トイレは諦めて体操服に着替えることにしたのだった。
音夢はなんとか我慢しながら更衣室へ行き着替え始めたが、
我慢をしながら着替えることですこしばかり気が抜けてしまい

じわっ

「あっ!」

 音夢は下着に暖かさを感じたことに驚いてすこし声を上げてしまった
更衣室にはまだすこし他の生徒も残っていてすこし注目を集めてしまったが
笑みを浮かべてその場をやり過ごしたが心の中には焦りが生まれていた。

「(どうしよ…… すこしでちゃった……)」

 体操服に着替えたが下着の中心にほんの少しだけ小さい染みが出来てしまっていた
わずかな染みでも濡れた感触と暖かさがあるのは
不快感を感じていたのと同時にこの年で下着を濡らしてしまい
恥ずかしさで顔を少し赤らめてしまっていた。

「(少しだけ染みができちゃってる……)」

 周りに見つからないように下着を確認して
白い下着に染みがあることを確認して、また落ち込んでしまい
その間にも時間は過ぎており授業が始まる時間になっていた。

「(もうすぐ授業が始まっちゃう……)」

 下着を濡らしてしまったことは頭から離れなかったが
授業に遅れないためにまずは移動することにした

「我慢できなくなったら、恥ずかしいけどトイレに行くと言わないと……」

 そうボソッと他の誰にも聞こえないような声で言い
体育の授業がある運動場へと行ったのだった。

 授業が始まり尿意はあったが一時期よりは楽になり普通に授業を受けていたのだったが
あれほど我慢していたの尿意が授業が終わるまで持つわけもなく
また新しい尿意の波がやってきてしまったのだった。

「(あとすこしなのに…… もうすこしだけ我慢しないと)」

 授業中にトイレに行くと決めていたが
やはりこの年でトイレに行きたいと言うのは恥ずかしく思ってしまったのだった。
だがそう思っている時間も長くは続かなかった。

「(どうしよう、またしたくなってきちゃった……)」

 人目があるので前を抑えたい衝動はなんとか抑えて
足を交差させたりモジモジした動作をしたりしてトイレを我慢していると
誰かが気づいてもしかたないような動きだったがそこまで気を配る余裕はなかった。

 そして体育の時間もある程度過ぎてきた頃に
教師から屈伸運動をしなさいと言う声が聞こえてきたのだった

「(屈伸運動って大丈夫かな……)」
 
 更衣室で一度やってしまった失敗を思い出し
動いても大丈夫かと思いながら屈伸運動を始めたのだった。
最初のうちはなんともなく、これで最後まで我慢できると思い始めた時


チョロチョロ

じわっ…

「駄目っ…」

 周りには何を言ってるかわからないほどの小さな声の悲鳴を上げ
屈伸運動の最中にバレないようになんとかしゃがんで前を抑えたのだった。
下着には暖かい感触、濡れた範囲は先ほどのとは、
比べものにならないぐらい広がってしまっており
ブルマにもほんのすこしだけ染みができるほどだった。

「(これ以上我慢できない…… 早くトイレに行かないと……)」

 さすがにこれ以上は我慢できないと思い初め
トイレにいかせてくださいと言うまでは恥ずかしかったが
特に何も言われることもなく許可がされたのだった。

 急いでトイレに行くことにしたのだがもちろん早く移動できるわけもなく周りにはバレないような
歩き方をし時折前を押さえたりしながら校舎の中に入り靴を履き替えた

「(あとすこしでトイレに行ける)」

 そう思ったその時に油断してしまい


ちょろちょろ 

じゅわ~

「いやっ!」

 今までで一番大きな尿意の波がきてしまい
それを我慢する事はできずにまた下着を濡らしてしまった
今回の被害は大きく下着の染みは広がりブルマでも目に見えるほど染みが広がっていた。

「いやっ…… 駄目、止まらない……」

ちょろ

ちょろちょろ

じゅわ~~~

ブルマ、朝倉音夢

 長時間我慢していたので一度出始めたらもう止める術がなかった
立ったままの状態で学校の廊下でおもらしをするしかなく
下着、ブルマ、靴下が濡れていき、足元に水たまりができて行ったのだった

「はぁ…… はぁ……」

 おもらしをした情け無さと我慢から解放された気持良さがあり
壁にもたれかかりながら涙を流していたのだった。


終わり
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。