妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テイルズオブファンタジア、おもらし小説 ミントの限界


「すいません、アーチェさんこんなことまでしてもらって」
「なぁに、着替えぐらい大丈夫だよ、ミント怪我してるんだから
仕方ないよ」
ミントは戦闘中に足を怪我をして
宿で休んでいていたのだった
ミントはパジャマに着替えて、二人で休憩していたら

(んっ・・・、すこしトイレに行きたくなってきてしまいました…)
飲み物を飲みながら話しをしていて
尿意が強くなってしまったのだった
ミントはまだ我慢はできると思い
言うことはなく、我慢をしていたが
時間が経ち…
(すこしきつくなってしまいました)
尿意もかなりきつくなってしまい
お漏らしということが頭の中に浮かび
恥ずかしいがアーチェに言うことにしたのだった

「あの・・・、アーチェさんトイレに行きたいんですけど・・・」

「ミント、トイレ行きたくなったんだ、じゃあ早く行きなよ」
アーチェは、行くように言われたが
怪我をしていて簡単には行かなかった
「あっ、そうだ怪我してたんだよねぇ、忘れてた、あはは・・・」

苦笑いしていたが
「じゃあ、一緒に行こうか」

ゆっくりとした足取りで二人でトイレに向かうのだった
アーチェの力では、持ち上げることはできないので肩を貸して移動していたが

速度はあまりにも遅く限界が近付いてきたのだった
(こうなるのでしたら、もっと早く言えばよかったです・・・)
なんとかトイレまで我慢したいと思ったが
そうもいかなかった
ちょろ
「あっ!」
ちびったためすこし声を上げてしまった
「ミントどうしたの?、足痛むの?」
「い、いえ大丈夫です」
不覚にも声を上げてしまい顔を赤く染めたのだった
ちょろちょろ
だが止まることはなく
さらに出続けたのだった
「ミ、ミント、我慢できなかったの!」
アーチェはパジャマから流れ出ているものを
見ながら、かなり焦っていたのだった
じゅ~~~~
じゅわぁわぁわ~~~~
ビチャビチャビチャビチャ
水たまりを作っていったのだった

アーチェに
着替えをまた手伝ってもらい
ベッドにミントを連れて行ったのだった

終わり
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。