妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テイルズオブシンフォニア おもらし小説、ジーニアスのおもらしビデオ
ここはディザイアンの基地
ロイドが捕まりジーニアスも同じく捕まってしまったのだった
ジーニアスは狭い部屋に一人で居たのだった
目の前で二人が喋っていたのだった
「おい、あいつは逃がしてもよかったんじゃないか?」
「そうだな、別にいらないしな、あとで出しておくぜ
だからここはまかせな」
「あぁ」
一人の男はその場を離れたのだった
だがもう一人は部屋に入ってきた
ジーニアスは
(もしかして出してくれるのかな・・)
少し期待をしたが、それはすぐに間違いだと気付くのだった
「へっ、最近暇なんでなお前で楽しませてもらうぜ」
椅子に縛られてたジーニアスは泣きそうになった
ジーニアスの頬にナイフを突き付けながら言った
「や、やめて・・・」
その恐怖からジーニアスは
すこしチビッテしまったのだった
「じゃあ、どうして遊ぼうかな・・」
いきなりズボンを脱がし始めた
「いや、やめて・・・」
「おっ、チビってんじゃねえか
お漏らしするなんて何歳なんだよ」
下着の濡れた部分を触ったのだった
「や、やめて!」
その感触からまたおもらしをしてしまった
「ちっ、きたねえな、そうだいいこと思いついた・・
その男は部屋を出て行き
何かを持って戻ってきたのだった
「ほらこれ飲め」
大量も水を持ってきたのだった
「そんな・・、こんなの飲めないよ・・・」
「いいから、早く飲むんだ!」
無理やり飲まされたのだった
「ごほっ、ごほっ」
ジーニアスは苦しそうに飲んでいたのだった

時間がたつと
「あの・・、トイレに行きたいんですけど・・」
「だめだ、おもらししてもらうことにしたんでな」
ビデオカメラを準備したのだった
「えぇ、そんなの嫌だよ!」
ジーニアスは暴れ始めたが
その姿をただ撮り続けていたのだった

時間がたつと
「お願いトイレに行かせて…」
足を広げられ下着は丸見えの状態だった
「もうだめ・・」
じゅわ
下着の中心にまた染みができ始めた
(いやだ…)
じゅわっわっ
じゅわ~~~~
どんどん下着が汚れていき
椅子の下に水たまりができ始めた
ジーニアスは我慢をすごくしていたため
すこし気持ちよさそうな顔をしていて
その姿も撮られていたのだった

終わり
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。