妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダ・カーポ 小説 美春の恐怖、音夢の家、頼子編
「頼子さん、着替え済みましたか」
床を掃除していた美春が言った
「はい・・・」
着替えを終えた、頼子がいた
掃除をしながら、
「お漏らししちゃうとは、思いませんでした」
「い、いわないでください・・・」
顔を赤くしながら言った
「わ、私も手伝います」
バケツの水を取替えにいったのであった
(かわいいです、さて、どうしましょうかね~)
いろいろ考えながら、まだ掃除をしていたのだった
掃除もすべて終わり、頼子の部屋で休憩することにした
「ごめんなさい、迷惑かけまして・・・」
泣きそうな顔をして、あやまってきた
「いいですよ、でも・・・」
「でも?」
美春はすこし笑みを浮かべながら
「私の言うことを、すこしきいてもらえればいいんですよ」
「はい?・・・」
「あとでいいますから、さぁ、洗濯しないとですよ」

そして
洗濯物を干し終わり、また休憩することにした
「ところで、いうことを聞くとは、何なんですか?」
頼子が聞いてきた
「あとの、お楽しみですよ、ちゃんと聞いてくださいね」




そして
ねむも帰ってきて、三人で、おしゃべりをしていたら
ジュースを飲んだりしながら時間が過ぎていった
「もうこんな時間ですか」
美春が時計を見ながら言った
「そうだね、そろそろ、ご飯の準備しないと」
「では、私がしてきますね」
頼子が立ち上がり出ようとすると
「私も手伝いますよ、先輩は休憩していてください」
「でも・・・」
「二人でできますから、大丈夫ですよ」
二人は部屋から出て行った
美春に手を引かれ、台所へと向かって行っていたが
「あの・・・すいません、トイレに・・・」
「なにいってるんですか、準備しないと」
強く引いて、台所へと向かっていったのだった
「あの・・・トイレに・・・」
「さぁ、じゅんびしましょうね」
料理のじゅんびをし始めた
普通にしていたが、頼子はそわそわしたり
足を動かしたりと、尿意を我慢していた
「ふぅ、あとすこしですね」
終わりに近づいていたとき
「あの、ホントにトイレにいきたいんです!」
すこし大きなことで言ったが
「先輩に聞こえますよ、それに、言うことは聞く
約束です」
「それは・・・」
前を押さえないと、我慢はできないようだった
「仕方ないですね、でも・・・トイレは禁止です
これからは」
頼子は耳を疑った
「どういうことです」
「トイレにいっては、いけないということですよ」
「でも、このままでは・・・」
「そうですね、では、こっちへ、来てください」
風呂場へと、向かった
「まっててください、トイレに入ってはだめです
お漏らしのこと、言いますからね」と
部屋に戻っていった
ばらされたくないので、そのまま待つことにした
すこし時間が経ち
美春が戻ってきた
「さぁ、まずはズボンを脱いでくださいね」
「えっ・・・、はい・・・」
観念したように脱いだら
「チビっちゃたんですね」
「はい・・」
白い下着に、染みができていたが
美春は気にせず
「頼子さんは大きいですから、これじゃないと
だめですから、我慢してくださいね」
持ってきた袋の中身を見ながら言った
「は、はやくしてください・・・もうだめです・・・」
下着の染みが広がっていっていた
「仕方ないですね、トイレは、だめですので
お風呂に入ってください」
頼子はおふろに立たされ
「あの・・・トイレは・・・」
また、荷物をあさっていた、美春が
「我慢してください」
一言だけ言った
「そんな・・・」
その一言により
我慢が途切れてしまった
頼子は座りこみ、静かにお漏らしを始めた
しゅわ~~~~~
下着を濡らしお風呂の中に水溜りを作っていった
すぐに、流れていたが
我慢の時間が長く
お漏らしの時間の長かった
頼子も、股に手を当てとめようとしたが
とまるわけもなく、
お漏らしを気持ちよさそうな顔で続けていたのだった
その模様を、美春は記録していたのだった
頼子の下着は、黄色くなり
呆然としていた
「さぁ、着替えますよ」
写真も撮り、頼子の着替えを手伝うことにした
まず体を洗い、下着も洗っていたが
頼子が出てきて
「また、してしまうなんて・・・」
そのとき
「頼子さん、着替えですよ、体ちゃんと全部拭きましたか?」
「はい・・・」
「じゃあ、早速」
タオルを取り、乾いたタオルを取り出し
「ここの座ってください」
「は、はい!」
びっくりした様子で座った
(何をするんでしょうか・・・)
美春の手元を見ると
白い物体を取り出しているのが見えた
それを持ちながら、こっちにきた
「なんです?それは?」
「頼子さんの、これからの下着ですよ
下着は穿いていたいですよね」
「はい・・・」
「では、寝転んでください」
頼子は寝転んだ
(どうするんでしょう・・・)
なにか、テープをはずすような音も聞こえてきたが
気にせず、そのままでいたら
「お尻上げてください」
「は、はい」
あげてから
「もういいですよ」
お尻を下ろすと、タオルとは違う感触があった
(なんでしょうか?)
足を動かそうとしたら
「足を動かさないでください」と怒られそのままにした
そして
股の辺りが、何かに包まれるような感覚があった
(なんでしょう・・・すべすべした
良い感触が・・・)
テープの付けるような音がして
「はい、終わりです」
頼子は立ち上がり、鏡を見た
「これは、なんです?」
自分につけられたものを、見て言った
「な~に、頼子さんが必要な下着ですよ」
そしていつものメイド服を渡され着替えていたら
「これは、先輩には、内緒ですよ
ばれたら、頼子さんが恥ずかしいだけですよ」
「はい・・・」
「見えないように気をつけてくださいね」
台所へと戻っていったのだった




終わり
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。