妄想なおもらし日記
おもらし小説、おむつ小説、ダカーポ、おとボク、テイルズと色々やります、あとおもらしCG、おむつCGも、妄想 おもらし日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダ・カーポ 小説、美春の恐怖、6話、音夢の家編

次の日になり、美春は、家を出て買い物に行くといい、出て行った
ねむは、きのうの写真を撮られたのが気がかりだった
(写真を撮られるだなんて、おもらししてるところなんて・・・)
考えただけでも、顔が赤くなった
美春はそのあと、無言で、片付けるのを手伝ってくれたが
写真の撮られた時の顔を思い出していた
(美春はなにもしないよね・・・・)
すこし恐怖を感じていたのだった

時間がたち
美春が帰ってきたのだった
手には荷物を持ってるようだった
(なにか、買ってきたのかな・・・)
その時はあまり気にしなかった
そして夜になり
ねむは、寝ようと、部屋にいたら
美春が、部屋に来たのだった
手にはなにか持っていたようだった
「な、なにか用なの?」
真剣な顔つきできたので、動揺をしていたら
美春は笑顔を見せて
「これ着けてください」
ピンクのものを差し出して渡してきた
「先輩の体なら、付けれると思うんですよね~」
腕組みしながら、笑いながら言った
(なんだろこれ・・・えっ・・・・)
手に取ったものが、おむつというのがわかった
「ちょ、ちょっと、これって・・・」
「はい、おむつですよ」
簡単に言い、ねむは
おむつですよって、どうしたの、これ?」
美春に返そうとしたら
「着けてください」
「えっ!」美春の言葉に絶句した
「だから、おむつつけてくださいって
先輩なら、このサイズでも入ると思いますし」
「そういうことじゃなくて、
なんで私が…そ、そのおむつを・・」
言うのも恥ずかしくて、動揺していた
「罰ゲームですよ、罰ゲーム」
美春はまた、笑みを浮かべながら言った
「罰ゲームって・・・、まさか昨日の!」
「そうですよ」
「それは、頼子さんが・・・」
「頼子さんがお漏らしをしたからですか?
そのあと先輩もしたじゃないですか?」
ねむはそれを聞いて、顔を真っ赤にし
「それは・・・、その・・・」
「だから、罰ゲームでおむつです
じゃあ、履かせてあげますよ」
「だ、だめっ!」
おむつを手に取り、投げようとした
「写真、どうなってもいいんですか・・・」
その一言で、手は止まってしまった
「そんな・・・・」
「着けるだけですよ」
そう言って、パジャマを脱がしたのだった
ピンク色の下着が、顔を出したのだった
「おむつと同じ色ですね、じゃあ最初は
履かせてあげますよ」
写真を持っているので言い返せず
下着も脱がされ足におむつを通したのだった
(この年になって、おむつがなんて・・・)
恥ずかしくてしかたなかったが
美春は気にせず
おむつ姿を写真に収めたのだった
その日は、そのまま寝ることになった
おむつのまま寝ることになった
美春はおむつをはずしてないか
確認するため、一緒に寝ることにしたのだった




終わり


ダ・カーポ、美春の恐怖、5話、音夢の家編
(私もトイレに行きたいのに・・・)
頼子を慰めながらも、自分の尿意も強くなり
ねむもまた、おもらしをしてしまいそうになっていた
(美春、まだかな・・・頼子さんにいって
私もトイレに行ってから・・・・)
その時
「先輩、タオルもってきましたよ」
トイレに行こうとしていたが
仕方なくタオルを受け取り、掃除を始めた
床を拭いていたが
(あっ・・・だめっ・・・・漏れる…)
ねむもトイレは限界で、足をモジモジさせながらも
掃除をしていたが
「もうだめ、美春、ここお願い、私もトイレに
いきたいの」
恥ずかしかったが、言わないとおもらしをしてしまうので
美春にいったが
「あとすこしで片づけれますの我慢してください、先輩」
(そんな・・・)
また、あたらしい雑巾を手渡され、拭かされていたのだった
掃除をしていて、時間がたつとお漏らしをしそうになっていた
(もうだめ・・・出ちゃう…)
じゅわ
「あっ!」
すこしチビってしまい、声を上げたのだった
美春はそれを見逃さず、ねむはミニスカートを履いていたの
下着が見える位置に行くと
(あっ・・すこしおもらししてますね
あとすこしで、おもらしですね)
四つん這いの状態なので、見ることができたのだった
じゅわじゅわ
(もう我慢できない・・・)
動くこともできず、おもらしを始めてしまったのだった
(お漏らし始めちゃったんですね・・・
すごいです、濡れていきます・・・)
目の前で下着が濡れ、水たまりを作っているところだった
じゅわ~~~~~~
(そんな・・・・おもらしだなんて)
泣きそうになっていると
パシャ
何かが光ったようだった
「えっ・・・」
その方向をみると、カメラを持った
「おもらししちゃったんですね」
美春は不敵な笑みを、浮かべていたのだった


終わり
ダ・カーポ、美春の恐怖、4話、音夢の家編
「今日は実行の日ですね・・・」
手にあるものを持って、すこし笑いながら言った
ねむの家にて、あることをしようと思っていたのだった
頼子は、もうおもらしをさせたので
次のターゲットはねむに向けられたのだった

夜になり
食事も済まし、ねむの部屋で3人で会話をしていたのだった
そこで美春が
「そうだ、DVDでも、見ましょう、持ってきたのがあるんですよ」
美春は、そのまま部屋を出て行き、自分の寝ている部屋へと向かい
「楽しみです・・・」
DVDと、あるものを取り出し、台所へ向かい
ジュースを入れてから、あるものを入れた
(これで、すぐに・・・・)
すこし笑いながら、部屋へと戻っていった

DVDをみることになり、美春はその前に
「ジュース、持ってきました、先輩と頼子さんも、どうぞ」
二人はジュースを受け取り飲んでいた
(これで準備万端です)

「これから見るのは、ホラーですので
暗くしますね、最後まで、絶対みましょうね
もし見れないなら、そうですね・・・
なにか罰ゲームをしましょう」
DVDをセットしながら言った
部屋を暗くして、二人の横に座ったのだった

すこし時間が経ち
美春を除く二人が、すこし行動が変だった
体を動かし何かを我慢していてるようだった
トイレに行きたいものの、美春がしがみついており
動くことができず、ピンチだった
(トイレに行きたいなぁ・・・・
何で急に、ジュース飲んだからかな?)
気を抜けば、漏れるかと思うほどきつくなっていた
前を抑えたいと思いながらも
二人の前で、押さえるわけにもいかず、我慢していた
頼子のほうは
(怖いです・・・・苦手なんですが・・・・)
美春に絶対見るようにと、くぎを刺されていたのだった
トイレは限界に近く、おもらしをしそうだった


そのまま時間がたち
DVDもかなり進み、怖さもかなり増してきたのだった
「きゃ!」
すこし声も出し怖がっていた
頼子は
(漏れそうです・・・トイレに行かないと・・・きゃ!)
ちょろ
「あっ!」
すこしちびり声を出してしまった
美春は、頼子が声を出したのを聞き逃さず
漏らしたのだと思ったのだった
(あとすこしですね・・・)
もうすこしで、おもらしをしてしまうと、思った
頼子はさらに
ちょろちょろ
下着に染みをすこしずつ広げ
(もうだめです・・・・)
じゅわじゅわじゅわ
じゅわ~~~~~~
頼子はうつむいて、動かずおもらしをしていた
水たまりが広がり
ねむは
(ん?水?)
足が濡れる感覚があり、その部分を見てみたが
暗くて見えず、またすこし触ってみたりしていたら
顔を伏せて、すすり泣く声がしていた
頼子が泣いているのが、わかり
「まさか・・・・」
泣いている姿と、水たまりにより
お漏らしをしたのがわかり
「美春、ちょっと止めて、頼子さんが・・・・」
言ったら
「もうだめなんですね、罰ゲームですよ」
美春は言っていたが
ねむは頼子の世話をしなければと、
気にはしてなかった
美春は、頼子を見ながら
「あれ?、おもらししちゃったんですか?
大変ですね、美春がタオルを持ってきます
それまで、頼子さんをお願いします、先輩」
部屋から出ていった
「えっ・・そんな・・・」


終わり
ダ・カーポ 美春の恐怖、音夢の家、頼子編、3話
お漏らしにより、汚れたので
お風呂に一緒に入り、体を綺麗にしてもらい
湯船に浸かっていたら
「美春は、先に出ますね」
先に出て行ったのだった
頼子は、一人で
(おもらしをしてしまうなんて・・
でも、おむつでしょうか・・・変な感じでした・・・・)
おむつにお漏らしをした感じを思い出していたのだった
少し時間が経つと
「さぁ、もう出てください、用意がありますので」
美春が、いきなり扉を開け
急かすように、お風呂から出るように言ったのだった
頼子は、お風呂から出て、体を拭き
美春とともに、頼子の寝ている部屋へと向かった

「今日は一緒に寝ましょうね」
もう寝る時間になっており二人ともパジャマ姿になり
美春は、かばんから何かを取り出していた
「本当にここで寝るのですか?」
ベッドの上に座りながら、頼子は聞いたが
美春は背中を向けながら
「先輩にも言っておきましたので、大丈夫ですよ」
美春は、かばんから取り出したものを持ってきた
「これ、つけましょうね」
白い物を持ってきたのだった
「まさか・・・それは・・・・」
なんとなくわかってはいたが、恐る恐る聞いてみた
おむつですよ」と、あっさりと言い
(やっぱり・・・)
美春は近づいてきて、耳元で囁いたのだった
おむつ、付けましょうね、おねしょしたら困りますよね」
おねしょ!」
頼子は口を塞がれ
「大きな声を出したらだめですよ。ばれちゃいますよ
誰か、入ってきたらどうするんですか」
「ごめんなさい・・・・
でも私は、おねしょなんてしません・・・」
顔を赤くし、反論したが
「お漏らしをして・・・・おむつもして
おむつにおもらしをしたのに、おねしょはしないのは
おかしいですよね」
頼子は、恥ずかしくて、うつむいたのだった
「じゃあ、つけますね」

パジャマと下着を、脱がして
おむつを敷いて、その上に寝かせ付け始めた
(恥ずかしいです・・・)
顔を真っ赤にしながら、付けられていたのだった
慣れた手つきで、着け終わり
下着は、そのまま着さしてパジャマもきたのだった
そして、二人はそのまま寝ることにしたのだった



深夜になり
二人は、すやすやと眠っていた
「んっ・・・・」
頼子は、すこし体が、震えて
すこし気持ちよさそうな顔をしていた、すると
しゅ~~~~~~
おむつの中から、水の流れるような音がしていたのだった


そして朝になり
頼子は目を覚ましたが、すぐに違和感があった
「えっ・・・」
お尻の全体が冷たくなっていた
「まさか・・・・」
手をパジャマの中に入れ、おむつを確認した
おむつは、膨らんでおり触ると、冷たくなっており
気持ち悪く、早く着替えたいと思った
ベッドから出て、着替えようとしたら
「あれ?、どうしたんですか?」
美春が、起きてお風呂に向かおうとしてところを
止められたのだった
「その・・・」
股の部分を隠しながら言っていたが
それが間違いだった
おねしょしたんですか・・・」
美春は近づいてきていた
頼子は、しゃがみ込み
「すいません・・・」
謝っていたのだった、美春は「着替えましょうね」
着替えを手伝ってもらいお風呂にも入ったのだった


終わりです

ダ・カーポ 小説 美春の恐怖、音夢の家、鷺澤頼子編、2
頼子は、美春に紙おむつを付けられて
まだ、トイレには、行けなかったのだった


食事中
「んっ・・・」
足をもじもじしながら、頼子はご飯を食べていたのだった
我慢の時間も長くなり
限界も近づいていったのであったが
トイレに、行こうと、立ち上がり部屋から出ようとすると
美春が近づいてきてピッタリと着いてきていた
そして
何度も行くと、言いますと言われ
動くことができなくなっていた
ねむも、頼子のおかしな様子に
何度か、しゃべりかけていたが
ばれないようにしていた
そしてご飯も終わり
片付けることにして
台所へ行き、洗いものをはじめたが
もう限界は近かった
体を小刻みに揺らしながら我慢をして
前も押さえて、片手で洗い物をしていたが
やりづらく、早く終わらせたいので
足を閉じて我慢をすることにした
(はやくしないと、またお漏らしをしてしまいます・・・)
また恥ずかしいのは嫌なので
がんばって我慢をしていたが
すぐに尿意の波はやってきた
(も、もれます・・・)
急激な波が来て、作業を中断して
我慢に集中していたら
そのとき
ガタンッ!
何かが落ちる音がした
ビクッ!
頼子は、我慢に集中していたため
その音にビックリしてしまい
じわっ
すこしチビってしまった
(そんな・・・)
「頼子さんごめんなさい」
すこし笑みを浮かべていた、美春が立っていた
すると美春は小さい声で
「もう、お漏らししましたんですか?」
頼子は顔が赤くなり
「し、してません・・・」
「そうでしたか、では」
美春は頼子のおなかに手を当て
「もう我慢しなくていいですよ」
「えっ・・・、ここでなんてできません」
頼子は拒否したが
「大丈夫ですよ」
「でも、片付けるのが・・・」
お漏らしの処理を言っていたのだった
「そのことです・・・、大丈夫です
今してるのは、紙おむつですので」
「なんですか?大丈夫って?」
「頼子さんは、赤ちゃんですのでしてもいいんですよ」
「そ、そんな、赤ちゃんだなんて・・・」
「早くしないと、先輩の前でしてもらいますよ」
「それだけは、嫌です」
「じゃあ、力を抜いてください」
「はい・・・」
頼子は我慢をやめた
すると



しゅわぁ~~~~~
(あっ・・・・)
しゃ~~~~
じゅわぁ~~~~~~
頼子は気持ちよさそうな顔をしていたが
(あれ?流れてこない?)
足元を見たが、水溜りはなく
まだ出続けているが
音がして、お尻全体が温かくなっていた
(あったかいです・・・)
すべて出し終えた
長い間我慢していたので、お漏らしの時間は長かった
「気持ちいい・・・」
頼子は気持ちよさから、言ってしまったら
「気持ちよかったですか?」
「えっ!、あっ、その・・・・」
顔は真っ赤になっていた
「そんなことより、着替えましょうね
お漏らしをしちゃったんですから」
頼子をお風呂に連れて行き、
紙おむつの処理をしたのだった



終わり
ダ・カーポ 小説 美春の恐怖、音夢の家、頼子編
「頼子さん、着替え済みましたか」
床を掃除していた美春が言った
「はい・・・」
着替えを終えた、頼子がいた
掃除をしながら、
「お漏らししちゃうとは、思いませんでした」
「い、いわないでください・・・」
顔を赤くしながら言った
「わ、私も手伝います」
バケツの水を取替えにいったのであった
(かわいいです、さて、どうしましょうかね~)
いろいろ考えながら、まだ掃除をしていたのだった
掃除もすべて終わり、頼子の部屋で休憩することにした
「ごめんなさい、迷惑かけまして・・・」
泣きそうな顔をして、あやまってきた
「いいですよ、でも・・・」
「でも?」
美春はすこし笑みを浮かべながら
「私の言うことを、すこしきいてもらえればいいんですよ」
「はい?・・・」
「あとでいいますから、さぁ、洗濯しないとですよ」

そして
洗濯物を干し終わり、また休憩することにした
「ところで、いうことを聞くとは、何なんですか?」
頼子が聞いてきた
「あとの、お楽しみですよ、ちゃんと聞いてくださいね」




そして
ねむも帰ってきて、三人で、おしゃべりをしていたら
ジュースを飲んだりしながら時間が過ぎていった
「もうこんな時間ですか」
美春が時計を見ながら言った
「そうだね、そろそろ、ご飯の準備しないと」
「では、私がしてきますね」
頼子が立ち上がり出ようとすると
「私も手伝いますよ、先輩は休憩していてください」
「でも・・・」
「二人でできますから、大丈夫ですよ」
二人は部屋から出て行った
美春に手を引かれ、台所へと向かって行っていたが
「あの・・・すいません、トイレに・・・」
「なにいってるんですか、準備しないと」
強く引いて、台所へと向かっていったのだった
「あの・・・トイレに・・・」
「さぁ、じゅんびしましょうね」
料理のじゅんびをし始めた
普通にしていたが、頼子はそわそわしたり
足を動かしたりと、尿意を我慢していた
「ふぅ、あとすこしですね」
終わりに近づいていたとき
「あの、ホントにトイレにいきたいんです!」
すこし大きなことで言ったが
「先輩に聞こえますよ、それに、言うことは聞く
約束です」
「それは・・・」
前を押さえないと、我慢はできないようだった
「仕方ないですね、でも・・・トイレは禁止です
これからは」
頼子は耳を疑った
「どういうことです」
「トイレにいっては、いけないということですよ」
「でも、このままでは・・・」
「そうですね、では、こっちへ、来てください」
風呂場へと、向かった
「まっててください、トイレに入ってはだめです
お漏らしのこと、言いますからね」と
部屋に戻っていった
ばらされたくないので、そのまま待つことにした
すこし時間が経ち
美春が戻ってきた
「さぁ、まずはズボンを脱いでくださいね」
「えっ・・・、はい・・・」
観念したように脱いだら
「チビっちゃたんですね」
「はい・・」
白い下着に、染みができていたが
美春は気にせず
「頼子さんは大きいですから、これじゃないと
だめですから、我慢してくださいね」
持ってきた袋の中身を見ながら言った
「は、はやくしてください・・・もうだめです・・・」
下着の染みが広がっていっていた
「仕方ないですね、トイレは、だめですので
お風呂に入ってください」
頼子はおふろに立たされ
「あの・・・トイレは・・・」
また、荷物をあさっていた、美春が
「我慢してください」
一言だけ言った
「そんな・・・」
その一言により
我慢が途切れてしまった
頼子は座りこみ、静かにお漏らしを始めた
しゅわ~~~~~
下着を濡らしお風呂の中に水溜りを作っていった
すぐに、流れていたが
我慢の時間が長く
お漏らしの時間の長かった
頼子も、股に手を当てとめようとしたが
とまるわけもなく、
お漏らしを気持ちよさそうな顔で続けていたのだった
その模様を、美春は記録していたのだった
頼子の下着は、黄色くなり
呆然としていた
「さぁ、着替えますよ」
写真も撮り、頼子の着替えを手伝うことにした
まず体を洗い、下着も洗っていたが
頼子が出てきて
「また、してしまうなんて・・・」
そのとき
「頼子さん、着替えですよ、体ちゃんと全部拭きましたか?」
「はい・・・」
「じゃあ、早速」
タオルを取り、乾いたタオルを取り出し
「ここの座ってください」
「は、はい!」
びっくりした様子で座った
(何をするんでしょうか・・・)
美春の手元を見ると
白い物体を取り出しているのが見えた
それを持ちながら、こっちにきた
「なんです?それは?」
「頼子さんの、これからの下着ですよ
下着は穿いていたいですよね」
「はい・・・」
「では、寝転んでください」
頼子は寝転んだ
(どうするんでしょう・・・)
なにか、テープをはずすような音も聞こえてきたが
気にせず、そのままでいたら
「お尻上げてください」
「は、はい」
あげてから
「もういいですよ」
お尻を下ろすと、タオルとは違う感触があった
(なんでしょうか?)
足を動かそうとしたら
「足を動かさないでください」と怒られそのままにした
そして
股の辺りが、何かに包まれるような感覚があった
(なんでしょう・・・すべすべした
良い感触が・・・)
テープの付けるような音がして
「はい、終わりです」
頼子は立ち上がり、鏡を見た
「これは、なんです?」
自分につけられたものを、見て言った
「な~に、頼子さんが必要な下着ですよ」
そしていつものメイド服を渡され着替えていたら
「これは、先輩には、内緒ですよ
ばれたら、頼子さんが恥ずかしいだけですよ」
「はい・・・」
「見えないように気をつけてくださいね」
台所へと戻っていったのだった




終わり
copyright © 2017 妄想なおもらし日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。